ここから本文です

名古屋人 「この前スタバ行った」とコメダで話すのが好き

NEWS ポストセブン 8/27(土) 16:00配信

 本誌前号(2016年8月19・26日号)で大特集した「名古屋ぎらい」。他県の住民にはどうしてもなじめない独自の文化や習慣を“愛を込めて”紹介したつもりだったが、残念ながら名古屋人の逆鱗に触れてしまったようで、本誌には芸能人や政治家からも反論が寄せられた。

 こうした反論の一方で、「名古屋ぎらい」の読者からは「まだまだ嫌らしい部分はある」との声が数多く寄せられた。そこで、前号で紹介しきれなかった「名古屋人気質」を表わす一風変わった習慣を紹介する。

 友人関係や仕事の場でトラブルの元になるのが名古屋人の「時間のルーズさ」だ。待ち合わせに遅刻するのは当たり前で、他の都市からは「名古屋時間」と揶揄される文化がある。『名古屋あるある』の共著者で自身も名古屋出身のライター・川合登志和氏がいう。

「車社会ゆえ、“遅れても渋滞だったことにすればいい”という甘えがあり、“待ち合わせは遅れるもの”と思っている」

 これには「痛い思いをした」という人も少なくない。都内在住の40代男性(名古屋出身)が語る。

「仕事で東京に出張した時に『名古屋時間』が抜けず、商談の待ち合わせに遅れてよく叱られた。また仕事相手から『遅れる』という連絡があった際、僕も遅れていくと、相手が待ち合わせの5分前に到着していてビックリした」

「上から目線」と言われるヨソ者嫌いの名古屋人は、サークルKが統合されることに深く落胆する。

「地元発のコンビニ・サークルKが2018年2月までにファミリーマートに統合されることになり、それが『外資に買収される』ような感覚で耐えられない。

 同じく閉鎖的とされる京都は一時的な腰掛けの人に優しいですが、名古屋は逆に“腰掛けなら来んでええ”と手厳しい。反面、名古屋が好きで一生住みたいという人はガッと受け入れますね」(川合氏)

 ヨソ者に厳しい一方でこの夏、コメダ珈琲の北海道進出に大喜びした。

「名古屋で生まれた台湾ラーメンの有名店『味仙』の東京進出にも歓喜した。地元のモノが全国に広がるのが大好き」(同前)

 ただ地元のコメダ珈琲を愛する反面、名古屋人は「権威に弱い」性質がある。地元喫茶店のサービスは豪華だが、スターバックスコーヒーはつまみがないが、カッコイイから入るという人も少なくないという。

「『この前、スタバ行っちゃってさ』とコメダ珈琲で話すのが好き(笑い)。トヨタという“誇り”がありながらベンツなど外国高級車にも“浮気”する」(同前)

 断わっておくが、今回の記事も名古屋を愛するが故の企画である。だから粗相があってもお許し下さい!

※週刊ポスト2016年9月2日号

最終更新:8/27(土) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。