ここから本文です

腸内環境を整える!食物繊維たっぷりのバランス献立

東京ウォーカー 8/27(土) 11:00配信

夏バテ・美肌・免疫力―すべての健康は腸にあり。健康長寿地域の食生活や腸内細菌から解ったー桁違いの酪酸菌の存在が話題となっている。食物繊維を餌にするので、“タンパク質:野菜=1:3+発酵食品”が良い腸内環境を生む。早速日々の献立作成に取り入れてみてはいかが? そんなメインおかずは水溶性食物繊維No. 1、今が旬のゴボウと発酵食品で「ゆで豚とごぼうの梅蒸し」をどうぞ。さらに副菜にもヨーグルトの旨みで生野菜たっぷり「にんじんのヨーグルトラペ」や「さっぱりコールスロー」を。汁ものは海の食物繊維も忘れずに「みょうがととろろ昆布のすまし汁」や「えのきとわかめのすまし汁」で摂って。(栄養士・三澤友貴子)

【写真を見る】ほんのり酸っぱい爽やか風味。「にんじんのヨーグルトラペ」

【主菜】ゆで豚とごぼうの梅蒸し(1人分271kcal、塩分2.5g)

<材料・2人分>みそゆで豚(作りやすい分量:・豚バラかたまり肉約400g×2本・ゆで汁(長ねぎの青い部分1本分・しょうがの薄切り1かけ分・みそ大さじ4・水1L))、ゆで豚とごぼうの梅蒸し:みそゆで豚約200g(でき上がり分より使う)、ごぼう1/2本、長ねぎ10cm、たれ(梅肉大さじ1・しょうゆ大さじ1/2・おろしにんにく、砂糖、ごま油各小さじ1・片栗粉小さじ1/2)

<下ごしらへ> (1)みそゆで豚を作る。鍋にゆで汁の材料を入れて煮立て、豚肉を入れて再び煮立て、アクを除く。(2)弱火にしてふたをし、30~40分やわらかくなるまでゆで、そのまま冷ます。(●保存する場合は、粗熱がとれたら保存容器に煮汁ごと入れる。冷蔵で6~7日間もつ。)

<作り方>

(1)ごぼうはスライサーなどで4~5cm長さの細切りにして水にさらし、水けをきってたれをしっかりもみ込む。

(2)ねぎは芯(しん)を除いて、長さを半分に切り、縦せん切りにして水にさらす。ゆで豚は食べやすくスライスする。

(3)耐熱皿に肉を広げ、1をたれごとのせてラップをかけ、電子レンジで約5分加熱する。皿に盛って、水けをきったねぎをのせ、よく混ぜて食べる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/27(土) 11:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。