ここから本文です

「情熱大陸」吉田沙保里“銀メダルの涙”激闘の200日

Smartザテレビジョン 8/27(土) 19:05配信

8月28日(日)放送の「情熱大陸」(毎週日曜夜11:00-11:30TBS系)で、レスリング女子日本代表・吉田沙保里選手に密着。リオオリンピックに向けて日本選手団の“主将”を背負った吉田の激闘の200日を追い掛けた。

【写真を見る】土性沙羅選手ら後輩にアドバイスする真剣な表情なども垣間見える

'04年のアテネオリンピック以来、北京・ロンドンとオリンピック3連覇、世界大会16連覇を果たし“霊長類最強女子”といわれ、リオでの4連覇を期待された吉田。先日幕を閉じたばかりのリオオリンピックでは銀メダルを獲得しながらも、表彰台でもインタビューでも涙を流し「ごめんなさい」と謝り続けた吉田の姿は、見る者の胸を熱くした。

番組ではかつて吉田が北京で五輪2連覇を成し遂げた時期に一度密着しており('08年8月31日放送)、今回、二度目の密着となる。

8年間、取材ディレクターと吉田は公私にわたって関係が続いていたことから、今回の取材に関してはさまざまな局面で“他のどのカメラよりも近くで、しっかりと”吉田の日々を見詰めた。

沖縄、北海道、新潟での全日本の合宿や、妹のようにかわいがる48kg級の登坂絵莉選手ら今回リオで金メダルの快挙を成し遂げた後輩たちとの師弟愛を感じさせる風景や、オフで行ったカラオケで絶叫する姿も含め、女王の素顔を200日間捉え続ける。

この夏世界中の人々の心を震わせた吉田の闘いを終えて帰国してから語った思いや、他では見られない表情や本音をその目で確かめよう。

最終更新:8/27(土) 19:05

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。