ここから本文です

「真田丸」昌幸&吉野太夫が同伴旅行!?

Smartザテレビジョン 8/27(土) 21:25配信

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で真田昌幸を演じている草刈正雄、吉野太夫を演じた中島亜梨沙が、北海道・沼田町を訪れ、「夜高(ようたか)あんどん祭り」に参加した。

【写真を見る】草刈と中島はあんどんの上で餅まきイベントにも参加!

沼田町は、北海道のほぼ中央に位置する町。「真田丸」作中で昌幸がこだわり続ける沼田(群馬・沼田市)と同じ地名ということが縁で、沼田市とお互いの特産品を販売し合うなど親交を深めている。元々、沼田の町名は、およそ120年前に沼田喜三郎がこの地を開拓したことが由来で、沼田町によれば、この喜三郎の祖先こそ群馬県沼田市の出だったという。

草刈は、「沼田町あんどん祭りを楽しみにして来ました。空港からの美しい田園風景にも心癒やされましたが、山車を見て、故郷の北九州の祇園太鼓を思い出し、ワクワクしています」と笑顔を見せた。

また、「“沼田”は私が演じる真田昌幸が最後までこだわっていた大切な場所。『真田丸』の沼田が縁で、沼田町と沼田市の交流が始まったということはうれしく、縁の不思議さを感じています。物語はいよいよ佳境。昌幸の2人の息子たちもどんどん成長していき、その過程を私自身も楽しみに演じています。皆さんどうぞご覧ください」と語った。

さらに、札幌市出身の中島は「道産子の私ですが、沼田町に来たのは初めてで、あんどん祭りも初めて。お招きいただき大変うれしいです。実は、群馬県沼田市の真田丸イベントにもお邪魔しましたが、舞台地ということで大変な盛り上がりでした。その沼田がご縁で、こうして北海道にも『真田丸』の熱気が伝わり、北海道出身としてもうれしいです」と地元の人々の“盛り上がりに興奮。

続けて、「私にとって、『真田丸』は新たな役柄を開拓できた大切なドラマ。草刈さんのすてきな色気に負けないよう、一生懸命、色気のある太夫を演じました。昌幸様と一緒に北海道に来られて光栄です」と草刈とのイベント出演を喜んだ。

「夜高(ようたか)あんどん祭り」の見せ場は、高さ7m、長さ12m、幅3m、重さ5tという大型あんどん同士がぶつかり合う「けんかあんどん」。

最終更新:8/27(土) 21:25

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。