ここから本文です

美女たちが情熱的にダンス!浅草サンバ2016

東京ウォーカー 8/27(土) 22:13配信

8月27日(土)、あいにくの雨のなか、夏の風物詩「浅草サンバカーニバル」が東京・台東区の雷門周辺で開催。35回目となる今回は24団体、約5000人がパレードに参加し、きらびやかな踊り子たちによって情熱的なダンスが披露された。

【写真を見る】セクシー&ド派手なサンバ美女がズラリ!

全国からサンバチームが集まり、ダンスを競う同イベント。地元浅草からの出場チームが中心となる「コミュニケーションリーグ」、協賛企業がエントリーする「テーマ・サンバリーグ」、実行委員会が認定した大型チーム「S1リーグ」、ダンスと演奏で競う「S2リーグ」の4部門で構成されている。

同日は、ロボットレストランによるド派手なサンバチームを皮切りに、個性豊かな衣装を着たダンサーらが続々と登場。馬道通りをスタートして、東京スカイツリーや雷門を背景に、約800mのコースを練り歩いた。ちなみに雨模様ではあったが、毎年50万人の客で賑わう同イベントは今年も大盛況。多くの人がレインコートなどを着用して、イベントを楽しんでいた。【ウォーカープラス編集部/Raira】

最終更新:8/27(土) 22:57

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。