ここから本文です

鈴木保奈美「どこからでも撮りやがれ!」18年ぶりの連ドラ熱演ですべてをさらけ出す

週刊女性PRIME 8/27(土) 22:00配信

 “カンチ、セックスしよ”と名セリフが印象的だった『東京ラブストーリー』から25年。『ノンママ白書』(フジテレビ系 土曜夜11時40分~)で、50歳になった鈴木保奈美が、子どもを産まないことを選択した同世代の主人公を演じている。現場では“どこからでも撮りやがれ! (笑)”と、潔く撮影に臨んでいるという鈴木の真意をプロデューサーが解説。

私生活はワーママの保奈美、ノンママのロールモデルに

「すてきなホルモンの点滴を受けている気分です」

 そう話した鈴木保奈美。18年ぶりとなる連ドラ主演に加えて、キスシーンもある物語展開に興奮ぎみのよう。

「保奈美さんの大ヒット作『東京ラブストーリー』から25年。変わらず美しい保奈美さんですが、本作ではアラフィフのヒロインをリアルに演じていただいています」と、東海テレビの後藤勝利プロデューサー。

 子どもを産まないという選択をした女性、ノンママを主人公にした制作経緯について、後藤Pはこう語る。

「少子化対策で政府もワーキングマザー(ワーママ)を応援する姿勢です。ワーママが働きやすい環境が整うのは喜ばしい。ですが、産む産まないを女性自らが選択できる世の中のほうがもっと素晴らしいと思うんです。

 現在、マイノリティーであるノンママをヒロインにすることで、今の社会のひずみや抱えている問題が見えてくるのではないかと考えたんです」

 ヒロインの土井玲子を鈴木に決めたのには、こだわりがあった。

「ノンママだけが共感できる作品にはしたくなかったので、実生活では、結婚も出産も経験している方と考えていました。そして、幸せな結婚生活を送っている主婦のロールモデル(手本)“VERY妻”のように、この先、ノンママのロールモデルになってくれるような方と思い、保奈美さんにお願いしたのです」(後藤P)

 広告代理店で働く土井の同期の大野愛美役に菊池桃子、ルポライターの葉山佳代子役に渡辺真起子がともにノンママを演じ、クランクインの1か月前から自主トレで稽古を始めた。

「撮影がスタートしたときには、すでに3人の空気感はできあがっていました。仲のよさは、画面からも伝わってくると思います」

 3人が行きつけのバーで語り合うシーンは、最大の見どころ。

「長いシーンですが、1回で撮っています。言い間違えたり言葉が足りなかったりした部分もそのまま。日常会話でも、噛むことはあるでしょう? だからあえてそのままにしているんです。視聴者のみなさんにはご自分を含め4人で飲んでいる気持ちを味わっていただけたら、うれしいです」

 名前ではなく名字で呼び合うのも、こだわりのひとつ。毎回、スーパーフードを使ったレシピが登場し、鈴木たちも絶賛。公式サイトで紹介されているので、気になる人はチェックを。

1/2ページ

最終更新:8/27(土) 22:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。