ここから本文です

定番メニューに、おやつに!スーパーフード「フラックスシード」を使いこなそう

OurAge 8/27(土) 11:40配信

毎日のメニューに、スーパーフードを上手に活用できたら…。料理研究家の山田玲子さん曰く
「香ばしい香りが特徴のフラックスシード(亜麻仁)は、ごまをイメージしてご飯やおひたしにするのもおすすめ」とのこと。早速、簡単に作れるメニューを教えてもらった。

◆にんじんのナムル
「せん切りにしたにんじんに熱湯をかけ、しんなりさせます。これをごま油、塩、しょうゆであえたら、 すったフラックスシードを混ぜましょう」

フラックスシードのクセをごま油がやわらげて香ばしい味わいに。 ほうれん草やもやしを使ってもおいしくできるそうだ。

もうひとつ、「フラックスシードをすってから調味料と混ぜると、少しとろみがつくのでたれやあえ衣にしても美味。パンや焼き菓子の生地に混ぜると、 プチプチとした食感と香ばしい香りが引き立ちます」と山田さん。作り方は以下の通り。

◆フラックスシードの開口笑(中国風ドーナツ)
「薄力粉、ベーキングパウダーを合わせてふるっておきます。卵、砂糖、水、油を混ぜたボウルに加えたら、ひとつの生地にまとまるまで手で混ぜ込みます。これを一口大の団子状に丸め、フラックスシードをまぶしたら、160℃に熱した油で揚げ、割れ目ができたら高温で仕上げましょう」

いつもとはひと味違う、フラックスシードの香りと食感を存分に楽しむおやつは、おもてなしにも良さそう。早速作ってみては。

最終更新:8/27(土) 11:40

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。