ここから本文です

定番メニューに、おやつに!スーパーフード「フラックスシード」を使いこなそう

OurAge 2016/8/27(土) 11:40配信

毎日のメニューに、スーパーフードを上手に活用できたら…。料理研究家の山田玲子さん曰く
「香ばしい香りが特徴のフラックスシード(亜麻仁)は、ごまをイメージしてご飯やおひたしにするのもおすすめ」とのこと。早速、簡単に作れるメニューを教えてもらった。

◆にんじんのナムル
「せん切りにしたにんじんに熱湯をかけ、しんなりさせます。これをごま油、塩、しょうゆであえたら、 すったフラックスシードを混ぜましょう」

フラックスシードのクセをごま油がやわらげて香ばしい味わいに。 ほうれん草やもやしを使ってもおいしくできるそうだ。

もうひとつ、「フラックスシードをすってから調味料と混ぜると、少しとろみがつくのでたれやあえ衣にしても美味。パンや焼き菓子の生地に混ぜると、 プチプチとした食感と香ばしい香りが引き立ちます」と山田さん。作り方は以下の通り。

◆フラックスシードの開口笑(中国風ドーナツ)
「薄力粉、ベーキングパウダーを合わせてふるっておきます。卵、砂糖、水、油を混ぜたボウルに加えたら、ひとつの生地にまとまるまで手で混ぜ込みます。これを一口大の団子状に丸め、フラックスシードをまぶしたら、160℃に熱した油で揚げ、割れ目ができたら高温で仕上げましょう」

いつもとはひと味違う、フラックスシードの香りと食感を存分に楽しむおやつは、おもてなしにも良さそう。早速作ってみては。

最終更新:2016/8/27(土) 11:40

OurAge

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!