ここから本文です

【新書・ベストセラー】百田尚樹『鋼のメンタル』が連覇 3位は「大本営発表」の嘘に迫った一冊がランクイン

Book Bang 8/27(土) 8:00配信

 8月15日~21日の新書売り上げランキング第1位は前週に引き続き、百田尚樹氏がメンタルコントロール術を説いた『鋼のメンタル』だった。2位は選手3位よりランクアップでキリンビール元営業本部長が営業の極意を明かした『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! 』。3位には終戦記念日を迎えた今週ならではの、戦時下の政治と報道について解説した『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』がランクインした。

1位『鋼のメンタル』百田尚樹[著](新潮社)

 他人の目が気になってしかたがない、悪口に落ち込む、すぐにクヨクヨする、後悔を引きずる、人前であがってしまう……そんな悩みを抱える人は多いでしょう。でも大丈夫。考え方ひとつで、誰でも「精神の強さ」は鍛えられるのです。マスコミ、ネットで激しいバッシングを受けても、へこたれず我が道を行く「鋼のメンタル」は、どのように形成されたのか。著者初の人生論にして、即効性抜群の実践的メンタルコントロール術!(新潮社ウェブサイトより抜粋)

2位『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!』田村潤[著](講談社)

 アサヒスーパードライから、ビール王者の座を奪回せよ――地方のダメ支店発、キリンビールの「常識はずれの大改革」が始まった! 筆者はキリンビール元営業本部長。「売る」ことを真摯に考え続けた男が実践した逆転の営業テクニックとは? 地方のダメ支店の逆転劇から学ぶ、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方!  大切なのは「現場力」と「理念」。必死に現状打破を求め続ける、すべての営業マンに送る本! (講談社ウェブサイトより抜粋)

 Book Bangでは産経新聞社による書評が掲載されている。
 http://www.bookbang.jp/review/article/512508

3位『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』辻田真佐憲[著](幻冬舎)

 信用できない情報の代名詞とされる「大本営発表」。その由来は、日本軍の最高司令部「大本営」にある。その公式発表によれば、日本軍は、太平洋戦争で連合軍の戦艦を四十三隻、空母を八十四隻沈めた。だが実際は、戦艦四隻、空母十一隻にすぎなかった。誤魔化しは、数字だけに留まらない。守備隊の撤退は、「転進」と言い換えられ、全滅は、「玉砕」と美化された。戦局の悪化とともに軍官僚の作文と化した大本営発表は、組織間の不和と政治と報道の一体化にその破綻の原因があった。今なお続く日本の病理。悲劇の歴史を繙く。(幻冬舎ウェブサイトより)

 4位以下は次の通り。

4位『言ってはいけない 残酷すぎる真実』橘玲[著](新潮社)

5位『捨てられる銀行』橋本卓典[著](講談社)

6位『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 』伊藤祐靖[著](文藝春秋)

7位『99%の会社はいらない』堀江貴文[著](ベストセラーズ)

8位『日本会議の正体』青木理[著](平凡社)

9位『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』TEX加藤[著](朝日新聞出版)

10位『税務署が咎めない「究極の節税」』辻正夫[著](幻冬舎)

〈Amazon文芸書売り上げランキングより 集計期間8月15日~8月21日〉

BookBang編集部

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:8/27(土) 8:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。