ここから本文です

【自転車レース】ブエルタ第7ステージはIAMのバンゲネクテンが区間初優勝

CYCLE SPORTS.jp 8/27(土) 8:01配信

コンタドールがゴール前で落車!

第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、マセダからプエブラ・デ・サナブリアまでの158.5kmで中級山岳区間の第7ステージを競い、ベルギーのヨーナス・バンゲネクテン(IAM)がゴールスプリントで並みいる強豪を打ち負かしてグランツール区間初優勝を果たした。

今季いっぱいでの活動終了が決まっているスイスのIAMサイクリングは、これで今年のグランツールすべてで区間優勝したことになった。

集団ではゴール手前500メートルのコーナーでスペインのアルベルト・コンタドール(ティンコフ)が転倒する事故が発生した。3kmルールでタイム差はつかなかったが、コンタドールは負傷してしまった。

リーダージャージのマイヨ・ロホはダーウィン・アタプマ(BMC)が守った。


第7ステージは序盤の逃げが残り43kmで吸収された後、集団の先頭をアスタナが引き続けてレースを厳しいものにした。そこから残り29.5kmでダリオ・カタルド(アスタナ)が飛び出し、チームメートのルイスレオン・サンチェス(アスタナ)、ジャンルーカ・ブランビッラ(エティックス・クイックステップ)、サイモン・クラーク(キャノンデール・ドラパック)、ルイスアンヘル・マテ(コフィディス)が合流した。

サンチェスとクラークは10数秒差を付けて逃げ続けたが、ゴール目前で集団に吸収されてしまった。最後は軽いアップヒルのゴールでバンゲネクテンがダニエーレ・ベンナーティ(ティンコフ)、アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)、アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)というビッグネームたちを打ち負かして区間優勝した。

総合2位のバルベルデは区間3位で4秒のボーナスタイムを獲得し、アタプマとのタイム差を24秒に縮めた。

■第7ステージ結果[8月26日/マセダ~プエブラ・デ・サナブリア/158.5km]
1 ヨーナス・バンゲネクテン(IAM/ベルギー)3時間55分44秒
2 ダニエーレ・ベンナーティ(ティンコフ/イタリア)
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)
4 フィリップ・ジルベール(BMC/ベルギー)
5 ケビン・レザ(FDJ/フランス)
6 ゲディミナス・バグドーナス(AG2R・ラモンディアル/リトアニア)
7 ジャンニ・ミールスマン(エティックス・クイックステップ/ベルギー)
8 クリスティアン・ズバラリ(ディメンションデータ/イタリア)
9 ロマン・アルディ(コフィディス/フランス)
10 トシュ・バンデルサンド(ロット・ソウダル/ベルギー)
20 別府史之(トレック・セガフレード/日本)
112 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+9分50秒

■第7ステージまでの総合成績
1 ダーウィン・アタプマ(BMC/コロンビア)25時間41分05秒
2 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+24秒
3 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+32秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+38秒
5 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+38秒
6 サムエル・サンチェス(BMC/スペイン)+1分07秒
7 レオポルト・ケーニック(チームスカイ/チェコ)+1分12秒
8 ピーター・ケノー(チームスカイ/英国)+1分14秒
9 ジャンルーカ・ブランビッラ(エティックス・クイックステップ/イタリア)+1分22秒
10 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+1分28秒
12 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+1分52秒
101 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+47分08秒
112 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+50分05秒

[各賞]
■マイヨ・ベルデ:ジャンニ・ミールスマン(エティックス・クイックステップ/ベルギー)
■マイヨ・デ・ルナレス:アレクサンドル・ジュニエズ(FDJ/フランス)
■マイヨ・ブランコ:ダーウィン・アタプマ(BMC/コロンビア)
(第7ステージはアレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)が着用)
■チーム成績:モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞:ルイスアンヘル・マテ(コフィディス/スペイン)

最終更新:8/27(土) 8:01

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。