ここから本文です

錦織圭が残したリオ五輪の余波。日本人選手、それぞれの成長物語

webスポルティーバ 8/27(土) 17:30配信

「自分も準優勝したUSオープン(2014年)のときは、体力はもちろん、メンタルが疲れたよ」

【写真】錦織圭も全米オープンがグランドスラムの「本命」

 その言葉を聞いたとき、土居美咲は、「あっ。錦織圭でもそうなんだな」と思ったという。

 今年6月のウインブルドンで、土居はこれまでひとつの目標にしていた「グランドスラム2週目(4回戦以降)」に到達した。その、初めて足を踏み入れた領域で実感したのは、体力以上に襲ってきた精神面での疲れ。今年は雨天による試合中断や順延が多かったことも、蓄積する疲れを増量させた。

 そのときに土居が思ったのが、すでにグランドスラム2週目の常連となっている錦織には、「2週間を戦い抜くうえでの、メンタルの疲れはないのかな......」ということ。

 最近の土居は、日ごろのツアーでも錦織と顔を合わせ、ともに食事に行くこともある。だが、そのようなときには、あまりテニスの話はしない。しかしオリンピックは、状況が少々違う。日本選手全体に“チームジャパン“だという一体感があった。一緒に過ごす時間も、いつも以上に多い。そこで思い切って、聞きたかったことを聞いてみた。その際に返ってきたのが、先述した言葉だったという。

「錦織君の場合だと、1~2回戦はある程度、楽に勝てる域にいる。そういう部分もあるし、経験を積んで、戦い方を学んで......一歩ずつ、ステップ・バイ・ステップだと言われました」

 世界の頂点をも狙うチームジャパンの同僚の言葉は、ランキングを32位まで上げ、来る全米オープンではシード選手として挑む土居にとって、自らが進む道のひとつの指標になった。

 その五輪でのチームジャパンは、もともとは錦織に加え、女子シングルスの土居と日比野菜緒、そしてダブルスの穂積絵莉の計4選手の予定であった。だが、直前で各国からの辞退者が相次いだため、杉田祐一とダニエル太郎にも、五輪開幕まで1週間の時点で声がかかる。特に杉田に到っては、カナダから日本に戻ってきた直後の通達となったため、また地球の裏側まで行かなくてはいけなかったのだ。

 それでも、昨年上旬から「オリンピック出場を目指してきた」杉田は、不思議と心の準備はできていた。すぐにリオに向かい、チームに合流し、そして初戦で勝利を手にする。それはダニエルも同様で、緊急参戦したふたりが揃って2回戦に勝ち進んだ。

 そんな杉田とダニエルの活躍により、心に重く立ちこめていたモヤを、かき消すことができた選手がいた。

 昨年まで日本人女子ナンバー1の、奈良くるみである。

 約1年前のこの時期、奈良のランキングは60位前後。「もし1年前なら、自分がオリンピックに出られていたのかもしれない......」。それはオリンピックが近づくにつれて自覚した、それまでは意識していることすら意識できていなかった悔いであった。

 日本中がリオの話題で満たされるそのころ、奈良は次のトーナメント開催地であるシンシナティに早めに入り、そこで杉田やダニエルらの活躍の報を知る。

「杉田さんと太郎君は、いきなり呼ばれてもしっかり準備ができていた。でも、今の私だったら、あそこに立っても、きっと自分の力を出すことはできなかった」

 そう思い、自分の立ち位置を認識したとき、彼女の心もすっと軽くなったという。どこか吹っ切れたなかで迎えたシンシナティ大会では、予選2試合で快勝を収めて本選に出場。本選では、悪天候のために1日2試合戦う過酷なスケジュールながらも、先月ツアー初優勝を遂げたばかりのビクトリジャ・グルビク(スイス)を3時間の死闘の末に撃破。その約4時間後に行なわれた2回戦では、アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)相手に第1セットは互角の熱戦を繰り広げた。

 このパブリュチェンコワと奈良の間には、ちょっとした因縁がある。まだ、ふたりが10代半ばだったころ。ジュニアのトップ選手として活躍していた奈良は、長身で大柄なパブリチェンコワのパワーに圧倒され、自信を打ち砕かれたという。

「やっぱり世界で戦うには、あれくらいパワフルなショットを打てなくてはいけないのかも」

1/2ページ

最終更新:8/27(土) 17:30

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。