ここから本文です

公式戦4試合12失点と守備崩壊のセビージャ 伊代表GKをレンタルで緊急補強

Football ZONE web 8/27(土) 8:20配信

PSGでレギュラーの座を失い今夏移籍先を探していたシリグ

 日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャが、イタリア代表GKサルバトーレ・シリグを期限付き移籍で獲得すると正式発表した。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 シリグはパリ・サンジェルマンでレギュラーの座を失ったものの、欧州選手権では38歳の大守護神ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)の控えとしてイタリア代表メンバーに名を連ねた。しかし、レギュラーとしてプレーできる環境を求めていたため、今夏の移籍市場では隠れた注目銘柄となっていた。

 一時は日本代表DF長友佑都が所属するインテルからGKサミル・ハンダノビッチが移籍する可能性が浮上し、その後釜になると報じられていた。しかし、ハンダノビッチの残留が決まったため、シリグの存在が宙に浮いていた。そこに、UEFAヨーロッパリーグ3連覇中で、今季こそUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ突破を果たしたいセビージャが目をつけた模様だ。

 シリグのレンタル契約に買い取りオプションはつかず、純粋な期限付きの移籍になると発表されている。セビージャはリーグ開幕戦のエスパニョール戦で清武のゴールも含む6ゴールと攻撃陣が爆発していたが、一方で守備陣は4失点を喫していた。リーグ開幕前のレアルとのUEFAスーパー杯(2-3)、バルサとのスペインスーパー杯2試合(0-2、0-3)を合わせると、公式戦4試合で12失点と守備は崩壊状態。そこに、イタリアブランドの実力者を補強することになった。

 レギュラーとしてのプレーからは約半年間のブランクがあるシリグだが、セビージャのゴールマウスに安定をもたらすことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/27(土) 8:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。