ここから本文です

尾崎裕哉×黒田俊介(コブクロ)・対談 尾崎豊から引き継いだバトン

Book Bang 8/27(土) 8:00配信

黒田 「音楽の日」で歌っているのを、観ましたよ。オリジナルの「始まりの街」、すごい良かったです。

尾崎 えっ、ありがとうございます!

黒田 いつ出てくるのかなって、テレビの前でずっと待ってたんです。

尾崎 うわー、うれしいです!

黒田 ギターもすごく目立ってましたね。

尾崎 リトル・マーチンなんです。絵は画家のともだちに描いてもらいました。人前で使うチャンスを狙ってたんです。

黒田 なるほど。白いのは珍しいんでしょ。何か意味があるんだろうな、って思いながら観てたんですよ。

尾崎 あれ、横に僕の名前が大きく書いてあって、後ろにも絵が描いてあるんです。ギターの名前はラ・ムール、フランス語で「愛」で……あ、すみません、僕、ギター小僧なんです(笑)。

黒田 そういうの聞くと、なんか羨ましいな。相方(小渕健太郎(こぶちけんたろう)さん)もそんな話しますから。歴史とか、意味とか。

尾崎 コブクロの結成は1998年でしたよね。

黒田 路上で歌っているときに小渕と知り合って。そのとき僕が歌ってたのが尾崎豊さんの曲だったんですよ。僕らの頃は路上でやるって言ったら尾崎さんか長渕(剛)さん、ちょっと上の人だと(井上)陽水さんの曲っていう感じだったんですけど、僕はとにかく尾崎さんでした。

尾崎 ありがとうございます。

黒田 そもそも、僕が今こうして歌を歌っているのは、尾崎豊さんの「I LOVE YOU」と出会ったからなんですよ。中2くらいのときに、JR東海のCMで流れてるのを聴いて、一気に好きになったんです。その頃カラオケで「I LOVE YOU」を歌ったら、女の子から「カセットに録音させて」って言われて、「俺、いけるんちゃうん」って(笑)。あれがほんとにすべての始まりでした。

 尾崎さんの曲をわーっと聴くようになったのは、亡くなってからです。ああ、なんでもっと早く聴かなかったんだろう、って後悔しました。最後のアルバムになってしまった『放熱への証』を買って、毎日聴いて、歌詞カードを端から端まで穴が開くまで読んで、尾崎さんがこめた意味を全部受け止めようって。あのアルバムが一番聴いたんじゃないかな。

――今日は3年ぶりの再会ですよね。

尾崎 はい、「集まれOZAKI」(註・2013年4月25日に大阪で行なわれた尾崎豊のトリビュートライブ)以来です。あのときのライブで黒田さんは「ダンスホール」と「I LOVE YOU」を歌ってくださいましたよね。

黒田 そうそう、懐かしいなぁ。ひとりでイベントに出たのは後にも先にもあの時だけです。ちなみにひとりで対談に出るのは今回が初めてです。いつも相方と一緒に出て、喋るのは相方の役目なので。

尾崎 ありがとうございます! 僕、前回お会いしたときに、印象に残っていることがあるんです。リハーサルで「ダンスホール」を歌っていた黒田さんにご挨拶したとき、まず「ハグしていいですか」って言われたんですよ。それと、イベントが終わったあとにも「ハグしていい?」って(笑)。

黒田 そりゃ、ハグするでしょ(笑)。

尾崎 黒田さんは父親のことをすごく感じてくれているんだなって、うれしくなりました。
タイトル『二世』にこめた想い

尾崎 実は、前回黒田さんにお会いした頃から、本を書き始めていたんです。

 父親と同じ音楽の世界に踏み出すなら、自分は何者なのか知らなくちゃいけないと思ったんです。これまでの人生で自分が何を経験して、どう考えてきたか、何を大切にして、何に悩んできたか。そういう記憶や想いを言葉にして自分の中から取り出そうとしていたら、なんだか父親と対話しているような不思議な感覚になれたんですよ。

 この3年、本を書きながら曲作りも進めていたんですが、納得のいくものがなかなかできなくて苦しかったです。でも、本を書くために自分の内面をずっと見つめていると、なぜ音楽を仕事にするのか、作った歌を誰に届けたいのかという意識がはっきりしてきて、あれだけ悩んでいたのが嘘みたいに、一気に「始まりの街」を書き上げることができました。本の執筆と曲作りが歯車のように噛み合って、前に進めたような気がします。

黒田 「音楽の日」で聴いたとき、母親へのアンサーソングというだけじゃなく、息子と父親のつながりの曲としてもいいな、と思いましたよ。

尾崎 ありがとうございます。僕はずいぶん長い間、納得のいく歌詞が書けなかったんです。自分が歌詞で伝えたいこと、たとえば愛について伝えたいと思ったら、そこにはすでに「I LOVE YOU」とか「OH MY LITTLE GIRL」があるじゃないですか。僕は父親を尊敬しているし、父親はひとつの理想形なんです。だから、じゃあ、自分はどう歌えばいいんだろう。自分らしさって何なんだろうって、ずっと悩んでしまって。

黒田 誰かが作った曲を強烈に意識しながら自分の曲を作るっていうのはしんどいですよね。しかも、その誰かの曲が強烈な原体験であり、ひとつの理想形なのに、そこから遠ざかるように曲を作るというのは……。お父さんが尾崎豊さんというのは、裕哉くんだけに与えられた「越えなければならない壁」だと思うし、その壁は高いと思う。

(そう言いながら、最初のページに1行だけ記された言葉「誰もが、誰かの二世である。」に目を留める)

尾崎 『二世』というタイトルには、僕の想いをこめているんです。この本は、僕自身の、そして父親、母親との関係を綴ったごく個人的な物語なんですけど、誰もが誰かの子供として生まれ、親の真似をしたり、反発したり、その影響を多かれ少なかれ受けながら育っていくものでしょう。そして、自分の人生を生きる中で「一世」になっていく。この本を手にとってくれる人たちが、それぞれの人生と重ね合わせて読んでくれたら、と思っています。

黒田 『二世』が本になったら、是非読ませて頂きます。

1/4ページ

最終更新:8/27(土) 8:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。