ここから本文です

レバンドフスキがブンデス開幕戦で衝撃ハット! 王者バイエルンがアンチェロッティ初陣で6-0大勝

Football ZONE web 8/27(土) 10:05配信

ブレーメンを撃破 2年連続得点王に堂々名乗り

 ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンが、26日のリーグ開幕戦でヴェルダー・ブレーメンを相手に6-0と大勝スタートを飾った。エースのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキがいきなりハットトリックを決める大活躍で、カルロ・アンチェロッティ新監督のブンデスリーガ初陣に花を添えた。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 バイエルンは、文字通り試合開始から相手を圧倒した。まずは前半9分にMFシャビ・アロンソがクロスボールのセカンドボールを拾うと、弾んだボールの落ち際をこすり上げて鮮やかなドライブシュートを決めて先制に成功した。このゴールで勢いに乗ったバイエルンは、続く同13分には左サイドに抜け出したレバンドフスキがドリブルで持ち込むと、角度のない相手GKとの1対1で頭上を破る豪快なシュートを決めて追加点。2点リードで前半を終えた。

ミュラーも3連続アシストの離れ業

 そして後半は完全なゴールショーとなった。後半1分、早くもレバンドフスキが右サイドからMFトーマス・ミュラーが上げたクロスに、右足を高く振り上げて後ろ回し蹴りをするようなアクロバティックなフォームでボールを押し込んだ。さらに同21分には攻撃参加したDFフィリップ・ラームがミュラーとのワンツーからゴール。同28分には、またも右サイドのミュラーから中央に送られたボールをFWフランク・リベリーが決めて5-0とした。ミュラーは後半だけで3連続アシストとバイエルンのゴールラッシュを演出した。

 そして、圧巻のゴールショーの締めくくりはエースだった。同32分、PKを得たバイエルンのキッカーに名乗り出たのはレバンドフスキ。これをゴール左隅へ落ち着いて決めると、リーグ開幕戦にしていきなりハットトリックを達成。このままバイエルンが6-0で勝利を飾り、最高のスタートを切った。

 昨季までチームを率いたペップ・グアルディオラ監督がマンチェスター・シティに去り、今季就任したアンチェロッティ監督はブンデスリーガ初挑戦となった。その初戦で昨季30ゴールでリーグ得点王に輝いたエース、レバンドフスキの爆発が門出を飾った。アンチェロッティ監督にはイタリア、イングランド、フランス、スペインに次ぐ5か国目でのリーグタイトルが懸かっているが、今季も王者バイエルンが大本命と呼ぶにふさわしいチームであることを証明してみせた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/27(土) 10:05

Football ZONE web