ここから本文です

結婚2年目の男性記者が不妊治療を始めてわかったこと。

@DIME 8/27(土) 13:10配信

男性にとっての不妊治療。その入り口といえば「精液検査」である。近頃は妊活ブームといわれるのもあり、不妊治療についての話題をたびたび見かける。

しかし、男としてのプライドが働き結果を見ることの不安にかられ、はじめの1歩を踏み出せないという声もある。また、知り合いに聞いた話だが、当初、子作りに悩み奥さんのみが不妊治療を続けていた夫婦がいて、治療から10年後、夫の精子に異常があったと検査によりようやく分かったという事例もある。

出産から妊娠というのは、夫婦の共同作業ともいえる。では、実際の検査はどんなものだろうか。子作りについて考え始めた記者が体験した「精液検査」の一連の流れをレポートしていく。

初めにほんの少し、記者自身のことを述べておきたい。一昨年末に結婚してからというもの、子作りがどうも上手く行かずに妻と話し合っていたという前段があった。悩みに悩む中で、初めて産婦人科を訪れたのが今年7月の初旬だ。

向かったのは、埼玉県内にある某院である。もちろん産婦人科を訪れた経験はなかった。病院によって手続きの流れは異なるというが、今回、検査に向かったところでは予約なしで検査を迎えられた。

受け付けを済ませた後、すぐに女性の看護師さんがやってきた。すでに別の病院で検査を受けていた妻はこの日、問診のみだった。「それでは、旦那さんはこちらへどうぞ」と言われ、1階の待合室から階段を昇って移動した。

妻といったん別れ、連れて行かれたのは2階にある「検査室」と呼ばれる小部屋である。看護師さんが女性であるということに気恥ずかしさを覚えつつ、淡々と説明は進む。

検査室は広さ約2畳ほどの真っ白な部屋だった。目立つのは黒いどっしりとしたソファと、その目の前に置かれた映像機器の繋がれた20インチほどの小さなテレビである。そして、テレビの奥には壁に30センチ四方の銀色の扉の金庫のような装置が設置されている。

この装置、じつは最後に「検体」として精子を預けるものである。そもそも検査室に入る前、射精した精子を入れるプラスチック製のケースをもらうのだが、これを預けてから装置の右手にあるスイッチを切り替えるとランプが青くなり、精液検査の行程が完了するという仕組みだ。

上記の説明がものの数分で終わり、さて、いよいよ事へ及ぶことになる。とりあえず設置されたテレビを付けると、CSのアダルトチャンネルがあらかじめ設定されていた。

しかし、いざ1人っきりになると、ふだんとは勝手の違う場所というのもあり悩む。何を悩んだのかといえば、どの作品に決めるかというのはもちろんだが、そもそも自宅ではない場所で事に及ぶというのはなかなか恥ずかしい……。とはいえ、何もやましいことをしているわけではない。検査のためと思い、腹をくくった。

テレビにはアダルトチャンネルが流れ、その下にある木製のラックには8枚ほどのアダルトDVD、数冊の成人向け雑誌が置かれていた。DVDと雑誌はそれなりに種類が分かれている。性的嗜好は千差万別。あまりにもマニアックでどぎついジャンルこそなかったが、女優モノや素人モノ、熟女モノとそれなりに選べるようにはなっていた。

記者が何を選んだのかは察してほしいのだが、検査室に入ってから10分ほどでようやく重い腰を上げた。だがここで、ちょっと恥ずかしいことがあった。近頃のプレーヤーは、再生途中のシーンを記憶している。DVDを再生すると「ああ、前に使った人はここで事を終えたのか」というのが分かり、見たこともない方にちょっぴり気まずさをおぼえた。

チャプターをいくつか見ながら、どのシーンかを決定していよいよ事に及ぶ。最後はプラスチック製のケースに向けて射精するのだが、気持ち的にはなかば義務的に事を終える。最後の瞬間、わずかにむなしさが襲ってきたものの、妻ともども抱く不安が「少しでもやわらげば」と感じていた。

今回、記者が体験した病院は、始めの案内をのぞき誰とも会話を交わさずに行程を終えられたのがよかった。病院により対応は異なり、以前、聞いた話では容器だけ渡され「トイレであとは済ませてください」と、やや雑に扱われるところもあるという。

検査とはいえ、部屋を出て受け付けで「終わりました」なんて言いつつ容器を渡すのも、想像するだけで恥ずかしくなりそうだ。気にかかるならば事前に「検査室はありますか?」と尋ねるのもアリだろう。

さて、検査室内に精子を預けてから、1階の待合室へ降りて問診を終えた妻とふたたび合流した。その後、30分ほど経過してから診療室へ呼ばれた。入室後、医師から結果の書かれた「精液所見報告書」を渡されて説明を受ける。当初、後日改めて結果を伝えられるものだとも思っていたが、予想以上に早かった。

医師から伝えられた内容は、世界保健機関(WHO)による成人男性の基準値と照らし合わせて正常かどうかというものである。当日渡された用紙に記載されていた基準値は以下のとおりだ。

■WHOの基準値
液量:1.5ml 以上
濃度:15×10の6乗/ml 以上
運動率:40%以上
正常形態率:4%以上
白血球数:1.0×10の6乗/ml 未満

細かな数値は割愛するが、記者の結果はおおむね正常だった。ただ一点、液量がやや少なかったのだがこれは、日ごとの体調や前後の状況にもよるという説明も医師からあった。

ここでもし結果に異常がみられた場合は、タイミング療法や体外受精など、段階をふんで不妊治療が始まる。今回、記者の場合は正直ホッとしたというのが率直な感想である。子どもが欲しいと切に願いながらも、結果が伴わずズルズルと時間だけが過ぎていくというのは、やはり不安もよりいっそう大きくなる。ひとまず初めの段階として、数字で今の状態がはっきりと分かるのは安心感も生まれる。

最後に、今回お世話になった医師によれば、32歳である記者のような世代で病院へ足を運ぶというのは事例として少ないという。大まかではあるが、結婚から数年経過していたり、年齢層でいえば夫婦ともども35歳を超えたあたりからの来院者が多いという。

妊娠、出産というのは結婚式に続く夫婦の共同作業にも思える。不妊という語感はどうもうしろめたいイメージもあり、向き合うのはいささか不安も大きい。しかし、たがいの協力が必要なものでもあり、もし今子作りに悩んでいる方がいるならば、きちんとした病院を見きわめながらまずは検査から解決への1歩をふんでみるのもよいのではないだろうか。

取材・文/カネコシュウヘイ

@DIME編集部

最終更新:8/27(土) 13:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。