ここから本文です

93歳の著者による“日本最高峰”の大人気エッセイ 【エッセイ・ベストセラー】

Book Bang 8/27(土) 8:01配信

 8月7日~14日のエッセイ売り上げランキング第1位は佐藤愛子さんの人気エッセイをまとめた『九十歳。何がめでたい』だった。2位はエッセイスト阿川佐和子さんが父親について書いた『強父論』。3位には伊集院静さんの人気シリーズ第6弾『不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life』がランクインした。

1位『九十歳。何がめでたい』佐藤愛子[著](小学館)

『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(小学館ウェブサイトより抜粋)

2位『強父論』阿川佐和子[著](文藝春秋)

 阿川弘之氏が94歳で大往生されてから、今年八月で一年。娘佐和子が、強父語録とともに、父との62年間を振り返ります。「勉強なんかするな。学校へ行くな」……弘之氏は、特に娘は、勉強なんかしなくてもいいから、家でうまい食事を作れ、という主義でした。大学のテスト期間中も、サワコ嬢はお酌の相手をさせられたのでした。いまや絶滅寸前の、怖くて強い父親ぶりが存分に描かれます。(文藝春秋ウェブサイトより抜粋)

3位『不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life』伊集院静[著](講談社)

 不運と思うな。誰しもがつらい時間と遭遇しているのが人生だ。それでも懸命に生きていけば必ず、君に光を与えてくれる。その時、君は、あの時間が不運だとは思わないはずだ。(講談社ウェブサイトより抜粋)140万部を突破した人気シリーズの第6弾。弟や前妻の夏目雅子さんとの死別を経験した伊集院さんが、不幸と出くわしたときの心構えを説いた、感動の一冊。

 4位以下は次の通り。

4位『【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし』大橋鎭子[著](暮しの手帖社)

5位『黄色いマンション 黒い猫 (Switch library)』小泉今日子[著](スイッチパブリッシング)

6位『「私」を受け容れて生きる―父と母の娘―』末盛千枝子[著](新潮社)

7位『老いてますます明るい不良』嵐山光三郎[著](新講社)

8位『マスラオ礼賛』ヤマザキマリ[著](幻冬舎)

9位『すてきなあなたに よりぬき集』(暮しの手帖社)

10位『須賀敦子の手紙 1975―1997年 友人への55通』須賀敦子[著](つるとはな)

〈Amazon文芸書売り上げランキングより 集計期間8月15日~8月21日〉

BookBang編集部

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:8/27(土) 8:01

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。