ここから本文です

ドルト香川、開幕マインツ戦でトップ下先発へ! ゲッツェ故障で出遅れの間にトゥヘルの信頼がっちり

Football ZONE web 8/27(土) 11:30配信

ポカール初戦では2得点と好調

 ドルトムントの日本代表MF香川真司が27日のブンデスリーガ開幕戦のマインツ戦でトップ下で先発する可能性が高まっている。ドルトムント公式ツイッターが予想先発を発表。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 ドルトムントはこれが今季公式戦3試合目となる。今月14日にドイツ・スーパーカップでのバイエルン・ミュンヘン戦(0-2敗)、22日のDFBポカール1回戦のアイントラハト・トリアー戦(3-0)戦で香川はいずれも先発フル出場。王者バイエルン相手には沈黙したが、独4部相当のトリアー戦では2ゴールと活躍。幸先のいいシーズンの幕開けを迎えている。

 独地元メディアの予想先発にも名を連ねていた香川は、クラブ公式による予想でもトップ下に君臨。背番号「23」を背負う“小さな魔法使い”は4-2-3-1のトップ下に入り、左サイドのMFデンベレとMFシュールレ、ワントップのFWオーバメヤンと攻撃ユニットを形成することになりそうだ。バイエルンから復帰したMFゲッツェとエースMFロイスは故障の影響で出遅れている。

 昨季は29試合で9得点7アシストを記録した香川はトゥヘル監督の信頼をがっちりと定位置を掴んでいるようだ。

 一方、ダブルボランチはトリアー戦でもコンビを組んだMFカストロとMFバイエルンから加入のMFローデ。GKはビュルキ、最終ラインは右からパスラック、ソクラティス、バルトラ、シュメルツァーの4バックとなった。

デンベレ、シュールレの新加入コンビと出陣

 一方、敵地に乗り込むマインツの日本代表FW武藤嘉紀は予想スタメンから外れている。

 ドルトムント公式による予想スタメンは以下の通り。

GK
ビュルキ
DF
パスラック
ソクラティス
バルトラ
シュメルツァー
MF
カストロ
ローデ
デンベレ
香川
シュールレ
FW
オーバメヤン

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/27(土) 22:01

Football ZONE web