ここから本文です

クルマ1台、平均1億円── 「1%のお金持ち」限定のモーターショー

WIRED.jp 8/27(土) 21:20配信

8月21日(米国時間)にカリフォルニア州で開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」は、世界最高級の自動車イヴェントのひとつだ。
富裕層のカーコレクターにとって、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、珍しいヴィンテージカーを入手する機会になっている(平均110万ドルのクルマが114台販売されたと報道されている。下記リンク先の動画では、会場のヴィンテージカーがいくつか紹介されている)。

【動画を見る】ずらりと並ぶ、圧巻な超高級なクルマたち

だが、自動車メーカー各社──特に、1パーセントしかいない富裕層をターゲットにしているメーカーたち──は、最新のコンセプトや特別エディションを披露するのにペブルビーチ・コンクール・デレガンスを利用している。冒頭のギャラリーにて、各社が発表した素晴らしい限定生産車やコンセプトカーを紹介する。

JONATHAN M. GITLIN

最終更新:8/27(土) 21:20

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。