ここから本文です

関係が良好な夫婦ほど○○○の利用率が高い傾向

@DIME 8/27(土) 16:30配信

婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントは、「子どもを持つ夫婦のコミュニケーション/ソーシャルネットワーキングサービス利用」に関するアンケート調査を実施した。

■アラサー夫婦の74.6%は「仲がいい」。仲のいい夫婦ほどSNS利用率が高い傾向に

今回の調査では、既婚で子供がいる30代の男女にSNSの利用状況やコミュニケーションの手段、平日・休日のコミュニケーション頻度について質問してみた。SNSの利用状況について尋ねてみたところ、次のグラフのような回答が集まった。「LINE」の利用率が最も高く77.0%。次いで「Facebook」(44.0%)、「Twitter」(27.4%)という順になっている点に注目したい。

別の設問で、パートナーとの仲が良好かどうかを質問し、SNSの利用状況とクロス集計してみた。まずパートナーとの仲が「とても良好」と答えたのは31.6%、「おおよそ良好」は43.0%と、74.6%が「夫婦仲はいい」と感じているようだ。

「LINE」では夫婦仲が「とても良好」「おおよそ良好」な人の利用率が80%近くに達していたのに、夫婦仲が「全く良好ではない」人の利用率は60.8%と低くなっている。さらに夫婦仲が「全く良好ではない」人では、利用しているSNSが「特にない」との回答も30.1%に達した。LINE以外のSNSにも、総じて同じような傾向があった。仲がいい夫婦ほど、SNSの利用率が高くなるようだ。

■夫婦のコミュニケーション手段は「直接会話」(77.9%)、次に「電話」(58.2%)、3番目に「SNS」(42.2%)

夫婦でコミュニケーションを取るのに、直接話す、手紙やホワイトボードなどに伝言を書き残す、電話で伝える、SNS経由で連絡するなど、さまざまな手段が考えられる。30代の夫婦では、どのような手段を使ってパートナーとコミュニケーションを取っているのだろうか。

調べてみたところ、やはり「直接会話」(77.9%)が最多で、次に「電話」(58.2%)が多くなった。これまでは簡単な連絡は「電子メール」(37.9%)でやり取りしていたかもしれないが、現状では「ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)」(42.2%)を利用して夫婦間の連絡をしている夫婦が増えていた。ただ、それでも何らかのSNSを利用している回答者は先の設問の結果、86.4%であることがわかったが、夫婦でコミュニケーションを取るのにSNSを使っているのは約半数にとどまっている。

■仲のいい夫婦ほど、平日/休日共にコミュニケーションは活発に
夫婦でコミュニケーションを取る手段を調査したのに続いて、平日/休日のコミュニケーションを取る場面と頻度を調べてみた。調査結果は、次のグラフのようになった。

平日/休日共に、仲のいい夫婦ほど、コミュニケーションの頻度が高いこと見て取れる。仲のいい夫婦でありたいのなら、できるだけコミュニケーションの頻度を高め、そのためにはさまざまな手段を駆使すること。そのようなことが分かる調査結果になったのではないだろうか。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:子どもを持つ30代の既婚男

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/27(土) 16:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。