ここから本文です

#クボメイクの真骨頂☆「つや生メイク」にトライ! [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 8/27(土) 20:04配信

ヘア&メイクアップアーティスト・久保雄司さんの初の書籍『#クボメイク』が全国的に爆売れ中。久保さんが世に発信したオリジナルのメイク法の中で、もっとも注目を集める「生メイク」。ナチュラルなのに、劇的に可愛くなれるその手法は習得しないとソン!

王道!まずはココから♪ “つや生メイク”

#生メイクが生まれたときの、最初のスタイル。今のメイクから少しイメチェンするだけで、旬顔に変身できます♪

「“生”っぽさを肌でも表現。顔を洗った後のような、ぴちぴちしたツヤ肌は、部分的にハイライトをのせて作ります」

「リップは、塗ってから少し時間が経ってる、くらいの発色と質感が理想。主張しすぎないけど可愛い、を目指して」

MAKE-UP POINT!

イラストの点線部分にハイライト、チーク、リップをのせましょう。

●HIGHLIGHT

メイクの仕上げに、点線部分に、ハイライトをのせます。ルミナイザーは、濡れたようなツヤが出る、マストアイテムです!

●CHEEK

頬の中央、やや高めの位置に、チークを入れます。ほんの少しずつ肌にのせて、ぼかしながら、だんだん広げていくイメージ。

●LIP

2層に分かれているリップをシャカシャカ振ってから、スポンジをリップに直接あてて、ポンポン♪と塗ります。ツヤがとってもいい感じ。


(撮影:永谷知也/WILL CREATIVE)

最終更新:8/27(土) 20:04

講談社 JOSEISHI.NET