ここから本文です

モウリーニョ、シュバイニーに再度戦力外通告「若い選手にチャンスをあげたい」

フットボールチャンネル 8/27(土) 10:10配信

 マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ監督は、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーを全く戦力としてみなしていないようだ。26日付の英紙『デイリー・メール』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 モウリーニョ監督に戦力外通告を受け、リザーブチームへの移動をも命じられるなどの冷遇を受けているシュバインシュタイガー。それでも同選手は、もう2年間残っている契約を全うするために指揮官の信頼を勝ち取ろうと先日残留宣言をした。

 しかし、モウリーニョ監督の考えは変わらないようだ。同監督は、現在32歳のシュバインシュタイガーよりもユースチーム出身の若い選手を起用することの方を望んでいるとして、再び同選手が構想外であることを告げている。

 モウリーニョ監督は、「彼と話をしたよ」と口を開くと、「彼の答えは私には答えられない。これは彼の人生であり、彼のキャリアなんだ」と話を続けた。

「彼はクラブと契約を結んでいるわけだから、彼にはここへ残る権利がある。例えここに残るとしても、彼が最も相応しいと判断する決断ができる立場にあるんだ。だけど、彼にとってここで試合に出場することは不可能だとは言わないけれど、とても難しそうだ」

「私にはすでに、2つのポストを勝ち取るためにポジション争いをしている5名の選手がいるんだ。それに、何かの問題で彼らが起用できない場合には、成長過程を加速させるためにもユースチームの選手にチャンスをあげたい」

 ユナイテッドでチャンスを掴もうと必死でアピールしているシュバインシュタイガーだが、彼よりも若い選手の方が優先されているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/27(土) 11:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。