ここから本文です

中国資本インテルの爆買い炸裂! マンUなど争奪戦制し、33億円でブラジルの至宝ガビゴル獲得

Football ZONE web 8/27(土) 16:00配信

リオ五輪3得点で金メダル貢献

 リオデジャネイロ五輪でブラジルを初の金メダルに導いた最強3トップの一角を巡る争奪戦をインテルが制した模様だ。ブラジルメディア「UOL Esporte」が、ブラジル五輪代表FWガビゴルこと、ガブリエル・バルボーサがインテルに移籍し、メディカルチェック後に正式発表されると報じている。

伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 驚異のゴールラッシュから「ガビゴル」の愛称を持つストライカーは1月のマンチェスター・シティ移籍が決まった同じくブラジル五輪代表FWガブリエル・ジェズスと共に移籍市場においてビッグクラブによる争奪戦が展開されていた。「ネイマール二世」の呼び声も高く、マンチェスター・ユナイテッド、レスター・シティに加え、イタリア王者ユベントスも争奪戦に参戦しだが、インテルがサントスに対して最終局面で300万ユーロ(約3億5000万円)を上乗せし、移籍金2800万ユーロ(約33億円)を支払うことで決着したと報じられている。

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは移籍市場の閉幕が迫っていることもあり、すぐにでも正式契約をまとめる必要に迫られている。すでに選手サイドには年俸350万ユーロ(約4億1000万円)の条件を提示し、メディカルチェックをパスした後に発表される見通しだ。

「ネイマール二世」の呼び声高い19歳の新鋭

 ガビゴルはリオ五輪の6試合すべてに先発出場し、2ゴールを挙げた。前述のジェズスにオーバーエイジ枠で加わったネイマール(バルセロナ)を加えた3トップは、破格の攻撃力を誇った。大会前に親善試合で対戦した手倉森ジャパンが撃破されたことも記憶に新しい。

 昨季終了後に中国企業の蘇寧グループへ株式約70パーセントを売却したインテルは、リーグ開幕まで2週間を切った今月8日にロベルト・マンチーニ監督を事実上の解任とされる契約解除に踏み切るドタバタ劇を見せた。フランク・デブール新監督が就任して迎えた21日のリーグ開幕戦では伏兵キエーボに0-2で完敗している。しかし、チャイナマネーの注入で世界が注目する期待の若手の争奪戦に勝利し、名門復活の気配を見せていると言えそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/27(土) 16:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。