ここから本文です

レバンドフスキ圧巻3発にオーバメヤンが得点王争いに宣戦布告!「ワオ、レースが始まった」

Football ZONE web 8/27(土) 16:50配信

アンチェロッティ監督も絶賛「彼はファンタスティック」

 ブンデスリーガ開幕戦でいきなりのハットトリックを決めた昨季得点王のバイエルン・ミュンヘンのポーランドFWロベルト・レバンドフスキに対し、昨季得点ランク2位のボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンがツイッターで宣戦布告をしている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 レバンドフスキは26日の開幕戦ヴェルダー・ブレーメン戦で圧巻の決定力を見せた。前半13分、後半1分、同32分と3ゴールを決めてハットトリックを達成した。左サイドを抜け出し、ドリブルで持ち込んで角度のない相手GKとの1対1を決めた1点目に、トーマス・ミュラーのクロスに反応して後ろ回し蹴りのようなアクロバティックなアクションで押し込んだ2点目、冷静に左隅に決めたPKと、バリエーションも豊富な3ゴールであらためてその万能FWぶりを見せつけた。

 昨季30ゴールで得点王を獲得した王者のエースに対し、ライバル意識を見せているのがドルトムントの韋駄天ストライカーだった。オーバメヤンはレバンドフスキのツイッターアカウントへ向けたリプライで「ワオ!レースが始まったね。ハットトリック」と、笑顔と拍手の絵文字付きで投稿している。昨季リーグ戦ではチームがバイエルンの後塵を拝して2位フィニッシュとなり、自身も25ゴールで得点ランキング2位となったドルトムントのエースはかつての同僚の爆発に大いなる刺激を受けている。そして、得点王争いへの決意を新たにしたようだ。

昨季はレバが30発で得点王、オーバが25得点で2位

 バイエルン監督就任後、ブンデスリーガ初陣を見事に飾ったカルロ・アンチェロッティ監督は、「我々は良いスタートを切った。コントロールされた立ち上がりに、違うパターンでゴールを生み出した。私は素晴らしく満足しているよ。レバンドフスキ? 彼はファンタスティックだね」と満足げなコメントを残している。

 昨季、王者バイエルンを追い詰めたドルトムントは27日に本拠地マインツ戦でリーグ開幕を迎える。得点に対する執念を高めているオーバメヤンに、日本代表MF香川真司などが絡む攻撃陣を持つドルトムントも、宿敵に負けないようなスタートを切りたいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/27(土) 16:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。