ここから本文です

ミランの17歳GK、A代表に“超飛び級”! この105年間の同国最年少選手へ

フットボールチャンネル 8/27(土) 11:30配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランの守護神を務めるGKジャンルイジ・ドンナルンマが、U-21イタリア代表をさらに上回るA代表への“超飛び級”を果たすかもしれないようだ。26日に伊メディア『スカイ・スポルト』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 若干17歳ながらミランの正GKの座を不動のものとしたドンナルンマ。今年の3月にはU-21イタリア代表への飛び級を果たした同選手は、同国代表の新指揮官に就任したジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督からA代表へ召集される可能性が高まっているようだ。

 前日にU-21イタリア代表のルイジ・ディ・ビアジョ監督は、招集メンバーからドンナルンマを除外。その理由について同監督は、ヴェントゥーラ監督が同選手を招集する決断をしたからだと明かしたという。

 もしA代表へ招集されれば、ドンナルンマは17歳と約6ヶ月で召集されることになり、この105年間で招集された同国最年少選手となる。しかし、その記録は最年少記録ではない。最年少記録保持者は、16歳3ヶ月と8日でA代表に招集されたルドルフォ・ガヴィネッリ氏であり、16歳3ヶ月と23日で召集されたレンツォ・デ・ヴェッキ氏と続く。

 先日に行われたセリエA・トリノ戦では、昨年に自身をセリエAにデビューさせたシニシャ・ミハイロヴィチ監督に恩を仇で返したドンナルンマ。とは言え、同監督への恩を決して忘れはしないはずだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/27(土) 11:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ