ここから本文です

プレミアが悩む“戦力外通告者”。贅沢な年俸が売りたくても売れない状況に

フットボールチャンネル 8/27(土) 11:50配信

 プレミアリーグでは、戦力外を通告をしても高年俸のせいで売りたくても売れない選手の後処理に困っているようだ。26日に英紙『ザ・サン』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 同紙は戦力外通告を受けた、或いは構想外に等しい状況にある高年俸選手を11名選出。その中で、このような選手に当たる選手が最も多いクラブがマンチェスター・シティだ。

 シティからはGKジョー・ハート、DFエリアカン・マンガラ、MFヤヤ・トゥーレ、MFサミル・ナスリの4名が選出。それぞれ9万ポンド(約1200万円)、10万ポンド(約1300万円)、22万ポンド(約2000万円)、12万ポンド(約1600万円)の週給を受け取っており、その高年俸が移籍に大きな影響を与えている。

 その次がリバプールだ。DFママドゥ・サコー、MFラザル・マルコヴィッチ、FWマリオ・バロテッリの3名が選出されており、それぞれ75000ポンド(約1000万円)、45000ポンド(約600万円)、11万ポンド(約1400万円)の週給を受け取っている。

 そして、チェルシーからはMFフアン・クアドラードとFWロイク・レミーの2名が選出。それぞれの週給は9万ポンド(約1200万円)と18万ポンド(約2400万円)だ。

 アーセナルからは週給7万ポンド(約900万円)を受け取るDFマテュー・ドゥビュシーが選出され、マンチェスター・ユナイテッドでは週給19万ポンド(約2500万円)を受け取っているMFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが戦力外通告を受けている。

 これらの選手たちには期限付き移籍のオファーしか届かないと報じられており、クラブにとって悩みの種となっているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/27(土) 13:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。