ここから本文です

移動総距離は7500マイルのELの組み合わせにモウリーニョ「まるでCLだ」

フットボールチャンネル 8/27(土) 13:10配信

 26日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ組み合わせ抽選会が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはグループAに入り、トルコのフェネルバフチェ、オランダのフェイエノールト、ウクライナのゾリャ・ルハンスクと同組となった。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 英紙『デイリーメイル』が26日報じたところによると、この組み合わせによってユナイテッドは7500マイルの移動を余儀なくされることとなった。同じくELに挑むサウサンプトンは7000マイル、チャンピオンズリーグに出場するマンチェスター・シティはユナイテッドの半分の移動距離だ。

 またトルコはここ数か月テロが多発し、軍事クーデターも起こっている国だ。そしてルハンスクは外務・英連邦省が渡航しないようにと注意を与えている地域に指定されている。

 この組み合わせについてジョゼ・モウリーニョ監督は「とても移動距離が多いけれども、これは一つの大会だ。我々は上手にマネージメントしなければならないし、6試合戦わなければならない」と語っている。

 「このグループはチャンピオンズリーグにいるようだ」と対戦相手を警戒するモウリーニョ監督は「よりモチベーションが高まるはずだから、ファンや選手にとっていいことだと思う」と前向きな姿勢を示している。

 移動距離など様々な難しい問題を抱えることになったユナイテッドとモウリーニョ監督。ELをどのように戦っていくのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/27(土) 16:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。