ここから本文です

清武所属のセビージャ、さらなる積極補強を展開。指揮官の元教え子にオファー

フットボールチャンネル 8/27(土) 13:50配信

 積極的な補強を続けるセビージャが、インテルに所属するチリ代表MFガリー・メデル獲得に乗り出したようだ。26日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 同メディアによると、セビージャがメデル獲得を目指して800万ユーロ(約9億1000万円)のオファーを提示したとのこと。ただ、インテル側は少なくとも1200万ユーロ(約13億7000万円)を求めているようだ。

 メデルは昨季リーグ戦30試合に出場し1得点を記録。中盤やセンターバックのポジションでプレーしており、2015年に開催されたコパ・アメリカではチリ代表の優勝に貢献する活躍を見せていた。当時は現セビージャ指揮官のホルヘ・サンパオリ監督が同国代表を率いておりメデルの特徴を良く知っている。

 セビージャは今夏の移籍市場で日本代表MF清武弘嗣やイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ、FWウィサム・ベン・イェデルなどを獲得し戦力アップを図っていた。だが、元教え子のメデルをはじめとして、数人の選手獲得をまだ目指しているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/27(土) 13:56

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)