ここから本文です

ユーベ、マテュイディの交渉が破談! 残り数日間で新たなラストピース探しへ

フットボールチャンネル 8/27(土) 19:10配信

 ユベントスは、移籍市場終了日まで残り僅かとなったこの時点で急遽獲得すべき中盤の補強ターゲットを変えざるを得なくなった。27日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【写真】スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディの獲得へ後一歩のところまで近づいていたユベントス。しかし、ここでPSGのオーナーであるナーセル・アル=ヘライフィー氏が同選手の残留を望む発言をした。

 同氏は、「マテュイディは移籍しないし、我々は彼と契約を更新するつもりでいるよ。私は彼がチームに残ってくれるようずっと望んでいた。我々のクラブにとって彼は模範となる選手だからね」と発言。この発言により、ユベントスはマテュイディの獲得がほぼ絶望的となった。

 そこでユベントスは、急遽別の選手へターゲットを変更。移籍を望むニューカッスルに所属するフランス代表MFムサ・ シッソコが現在マテュイディの代役として最有力候補とみられており、約3000万ユーロ(約34億円)で獲得が可能だと報じられている。

 さらにゼニト・サンクトペテルブルクに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、ヴォルフスブルクに所属するブラジル代表MFルイス・グスタボ、ポルトに所属するメキシコ代表MFエクトル・エレーラも代役候補として名前が挙げられているようだ。

 ここまで順調に補強を進めていたユベントスを突如襲ったアクシデント。ラストピースの獲得は予想以上に難しいようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/27(土) 19:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。