ここから本文です

「レアルみたいに楽な戦いを・・・」ピケの口撃にジダンの反応は?

フットボールチャンネル 8/27(土) 22:00配信

 チャンピオンズリーグ(CL)のグループ分けを巡り、レアル・マドリーを皮肉ったバルセロナのDFジェラール・ピケに対し、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は「言いたいことを言えばいい」と余裕の切り返しを見せている。26日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 ピケは、自身のツイッターより、CLでは「楽なグループで戦いたい」と述べ、そして、決勝トーナメントで4大リーグの優勝チームと対戦することのなかった昨シーズンのマドリーのような組み合わせがいい、と受け止められるコメントを発信し話題を呼んだ。

 これを受けて、ジダン監督は「これについて物を言おうとは思わない。思った事、言いたいことは言えばいい。我々は困難なCLを制したのだ。イージーな試合もあるだろう。だが、大会は長く、ハードなものなのだ」と切り返した。

 また、ピケが別の機会に「バルセロナがスペイン最強だ」と述べたことにも言及し、「別の機会に彼が言ったことについてだが、確かにリーガを優勝すればそう言えるのだ。尤もなことだと思う」とこちらにも大人の応対を見せている。

 常に落ち着いた対応を見せるジダン監督は、SNS炎上男として名高いピケの挑発にも、余裕の対応で切り返している。ちなみに今シーズンのCLのグループリーグでは、マドリーはドルトムント、バルセロナはマンチェスター・シティとそれぞれ同居しており、どちらも楽な組み合わせになったとは言えないようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/27(土) 22:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。