ここから本文です

ユーベ、CL対戦相手から補強か。中盤の駒に清武の長身同僚の名前が浮上

フットボールチャンネル 8/27(土) 23:10配信

 ユベントスは、獲得が絶望的となったパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディの代役をすでに見つけたようだ。27日付の英紙『デイリー・メール』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 マテュイディの獲得がほぼ絶望的となったユベントスは、中盤の補強を目指すべく移籍市場終了日まで残り僅かとなったこの数日間に急遽新たな補強選手を見つけなくてはならなくなった。

 そこでユベントスは、先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)の組み合わせ抽選会で同組に入った、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャのMFスティーブン・エンゾンジに狙いを付けたようだ。同選手には3000万ユーロ(約34億円)の違約金が設定されてあると報じられており、その金額を満額支払うことで獲得が可能となる。

 中盤の底を主戦場とする27歳の長身エンゾンジは、2007年に当時フランス2部に所属していたアミアンでプロデビューした。その後にイングランドを新天地に選び、ブラックバーンとストーク・シティを経て昨年にセビージャへと移籍。同クラブでは昨季にヨーロッパリーグ制覇に貢献し、公式戦46試合に出場して4得点を決めている。

 すでに今季もリーガ・エスパニョーラ第1節にフル出場を果たしたエンゾンジは、レスター・シティからもかなり気にいられている選手のようだ。それにより、これから両クラブ間で獲得を巡る争奪戦が行われることになると報じられている。

 この数日間でラストピースの獲得を目指すユベントス。果たしてCLで対戦するセビージャの戦力を削ることに成功するだろうか。今後の展開に注目が集まる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/27(土) 23:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。