ここから本文です

“がん治療の革命”として世界的に注目が集まる「抗PD-1抗体」って?

ダ・ヴィンチニュース 8/27(土) 9:00配信

 今、がん治療の世界で一大革命が起こっている。それは、新薬「抗PD-1抗体」(商品名・オプジーボ、一般名・ニボルマブ)の登場だ。この「抗PD-1抗体」を、わかりやすく図解する『新生ペプチドと ビックリする がん免疫新薬の力』が2016年8月17日(水)に発売された。

 日本で開発されたこの新薬では、「免疫チェックポイントの阻害」というまったく新しい発想が採用され、従来に比べてずば抜けた奏功率が実現されている。すでに皮膚がん、肺がんで保険適用されており、さらなる保険拡大が期待される一方、高額な医療費が議論を呼んでおり、NHK「クローズアップ現代+」で特集が組まれるなど、テレビ・新聞・雑誌等のメディアで“旬”のトピックだ。

 「がん」と「医療保険制度」の問題が交差する新薬の登場は、メディアだけでなく、国民的な関心事にもなっている。この問題を正しく捉えるためには「新薬のどこが、どうすごいのか?」「なぜ必要なのか?」をよく理解しておかねばならないし、苦しいがん治療を続けている人は、必ず知っておきたい知識だ。

 その知識を同書ではしっかりとカバー。著者の星野泰三は、臨床の現場で新薬の“ビックリする実力”を体感してきた現役の医師(医学博士)。新薬の力を最大限に引き出す独自のメソッドを構築しており、同書でもその詳細を惜しげもなく披露している。「抗PD-1抗体」について知るための、またとない入門書となるだろう。

 3部構成になっており、第1章では、新薬のメカニズムと、その効果を引き出す独自のメソッドを25に分け、項目ごとに文章と図で解説。第2章では、さまざまながん種について、新薬の臨床結果や展望を述べており、第3章では「抗PD‐1抗体」による最新の改善症例が紹介されている。

 「医療ものは読みづらい…」と感じる人も多いだろうが、図をふんだんに使用し、字は大きく、語り口はやわらかいので、どの人にとっても読みやすく、わかりやすい構成になっている。がんは誰にでもなる危険性がある病気。他人事だと思わず、しっかり知識を身につけておこう。

img04
※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:8/27(土) 9:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。