ここから本文です

人工知能とのSEXを実現するリアルドール社 来年にも初号機を発売予定

Forbes JAPAN 2016/8/27(土) 17:00配信

1993年公開の映画「デモリションマン」の中で、スパルタン刑事(シルヴェスター・スタローン)が、ハックスリー警部補(サンドラ・ブロック)からセックスの誘いを受けるシーンがある。数十年もの間冷凍刑に処せられていたスパルタンは、それが「テレディルドニクス」(遠隔操作の性具)というヘッドセットを装着したバーチャルセックスを意味することを知り驚く。今日、ロボット工学や人工知能(AI)の進歩により、このテレディルドニクスが現実のものになろうとしている。



AR(拡張現実)やVR(仮想現実)の進歩に伴い、バーチャルセックスの技術は飛躍的な成長を遂げている。テレディルドニクスの開発に必要なのは、ユーザー同士で触感を伝えるリンクの構築や、AIがユーザーについて学習し、ユーザーが求める刺激を提供する技術だ。例えるならば、アップルのシリ(Siri)やアマゾンのアレクサ(Alexa)、マイクロソフトのコルタナ(Cortana)などがユーザーの性的興奮を理解するようなものだ。これらのAIシステムがリンクの役割を果たす可能性がある。

現在のところ、人工知能を活用したセックストイの分野でリードしているのは、「リアルドール(RealDoll)」というセックスドール業界の老舗企業だ。

「我々が開発中のAIシステムは、人形につなげることもできるし、VRで利用することも可能だ。セックス産業は今後AIやVRなどの先端テクノロジーをどんどん取り入れていく必要がある。テレディルドニクスはその一例だ」とリアルドール社のマット・マクマレンCEOはRedditのAMAセッションで述べている。

ユーザーが病みつきになる体験を提供

リアルドール社は、来年創業20周年を迎えるに当たって、人工知能を搭載したロボットの頭部を発売する予定だ。この頭部は同社が販売しているセックスドールの胴体に装着することができるというが、感情レベルで性的興奮を覚えることができるのであれば、胴体は必要ないのかもしれない。

リアルドール社はAIシステムを6か月以内に、頭部を来年中に完成させたいとしている。マクマレンは、映画「エクス・マキナ」に登場する人間と見間違うようなヒューマノイドを作ろうとは考えていない。「我々はAIを使ってユーザーが楽しくて病みつきになるような体験を提供したいと考えている」と彼は話す。

テレディルドニクスがあれば、ヘッドセットを装着してアプリを起動させるだけで、セックスパートナーを求めて外出する必要などなくなる。バーチャルセックスの相手は自分の恋人でもいいし、見知らぬ人でも良く、リアルなセックスに付きものの面倒な人間関係は一切排除される。そうなると、セックスはもはや食事や食器洗いと同じような「作業」と化し、我々は人とのつながりを失ってしまうかもしれない。

しかし、デモリションマンの最後のシーンは、我々に希望を与えてくれる。スパルタンがハックスリーにキスをすると、ハックスリーはヘッドセットでは得られなかった快感を得る。どれだけバーチャルセックスの技術が進歩しようとも、生身の人間のキスには絶対に敵わないのだ。

Curtis Silver

最終更新:2016/8/27(土) 17:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年2月号

株式会社アトミックスメディア

2017年2月号
12月24日(土)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント