ここから本文です

世界初!プリウスPHV屋根のソーラー充電システムで何キロ走れる?

clicccar 8/27(土) 0:00配信

キャンピングカーにソーラー充電システムを装着するのは最近珍しくありませんし、先代プリウスにもサンルーフとソーラーパネルのセットオプションがありました。先代プリウスのそれは、車内の暑い空気を換気するという役割で、エアコンもより早く利くという効果もあったでしょう。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



新型プリウスPHVのソーラー充電システムは、太陽光発電から得た電力を駆動用バッテリーに充電することでEV走行が可能になるというのが大きな特徴。この点が世界初だそうです。



駐車中と走行時でモードが切り替わり、駐車中はソーラーバッテリーにためて、ある程度たまると駆動用バッテリーに移すという制御がされています。走行中は駆動用バッテリーではなく、12Vの補機バッテリーに送られます。



電装品などを動かす12Vのバッテリーの電気は、駆動用バッテリーから送られてくるシステムになっています。そのため、ソーラー充電システムのぶんだけ駆動用バッテリーの負担を減らせ、結果として燃費を良くすることが可能。

ソーラー充電システムは、最大出力180Wのパネル、車内のソーラーECU、ソーラーバッテリー(ニッケル水素)からなり、先述したようにソーラーバッテリーは発電電力の一時保管用電池として機能。



また、太陽光発電によってどれくらい発電されたかは、発電時の表示だけでなく、累積の発電量もインパネの大型ディスプレイで確認できます。

なお、ソーラー充電システムによるEV走行距離(充電量のJC08モード電費換算値)で、最大6.1km/日、平均2.9km/日だそうで、年間にすると約1000kmをソーラー充電システムでまかなえると試算されています。



(文/塚田勝弘 写真/前田惠介)

最終更新:8/27(土) 0:00

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。