ここから本文です

新型プリウスPHVに試乗! 走りのフィーリングはプリウスと明らかに違った!!

clicccar 8/27(土) 0:00配信

トヨタがハイブリッドにつぐ「次世代エコカーの柱」として大幅に進化させた新型プリウスPHV。気になる発売時期は2016年秋から冬に延期され、価格も現時点では明らかになっていません。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



発売延期の理由としては、発売直後から十分な生産台数を確保するのと品質の確保などがあるようです。

発売よりも少し前になりますが、袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにおいて短時間の試乗、静的質感などの確認の機会がありましたのでご報告します。

現行プリウスPHVは、EV走行距離が26.4kmとやや短めで、価格差を考慮すると「普通のハイブリッドで十分」という判断からハイブリッド(先代プリウス)を選択する例が多かったようです。



そこで、新型プリウスPHVでは、PHVとしての性能面(動力性能やEV走行距離)を大きく向上させるのが命題。結果的に外観も内装もプリウスとの差が明確に付けられているほか、静粛性や乗り味などの面でも引き上げられています。



新型プリウスPHVは、EV走行距離は60km以上、EV最高速度は135km/h。大半の方が日常使いであればEVとしてまかなえる走行距離を確保するとともに、エンジンの出番もほとんどなく速度を上げることが可能であるはず。

新型プリウスPHVには、EVモード、HVモード、バッテリーチャージモードがあり、EVモードがデフォルトになっています。

EVモードでスタートすると、力強い加速、そしてスムーズに速度を上げていくのはピュアEVのようなフィーリングが味わえます。バッテリー残量によるものの、アクセルを床まで踏み込む全開加速でも70~80km/hくらいまではエンジンが始動しませんので、普通に走る分には法定速度までEV走行で到達できるでしょう。



さらに加速が必要な場合や強くアクセルを踏み込むと、エンジンが始動。この際はモーターだけでなく発電用のジェネレーターも駆動に使用することで鋭い加速を容易に引き出すことが可能。

また、アップダウンのあるワインディングなどでもスイッチ操作でハイブリッドモードにすることで、急な上り坂などでもストレスなく走らせることができるでしょう。

なお、JC08モード燃費の目標値は従来型プリウスPHVの31.6km/Lを大きく上回る37.0km/Lとされていて、タイヤも現行プリウスの「E」グレード(40.8km/L)と同等のスペックのものを装着。



新型プリウスPHVと現行プリウスを乗り比べると、新型プリウスPHVの方が重心は低く、ロールも抑えられていて、ボディの安定感も高いものがあります。

さらに、しっとりとした乗り味や、静粛性の高さも現行プリウスよりも一枚上手。新型プリウスPHVを動的質感の面でも引き上げた、という開発陣の狙いは確かに感じられます。



一方の現行プリウスは全長が105mm短く、重量も軽いぶん軽快感があります。コーナーでの曲がりやすさでは、コーナーへの入りも、出口でのリヤの追従ぶりも新型プリウスPHVよりも上。現行プリウスの方が少なくてもフットワークの面では、「軽さ」と全長の「短さ」という恩恵があるように感じられました。



(文/塚田勝弘 写真/前田惠介)

最終更新:8/27(土) 0:00

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ