ここから本文です

かき揚げ丼にカレーがオン?!老舗蕎麦屋のどんぶりが斬新すぎる!

東京カレンダー 8/27(土) 12:20配信

年間200軒のカレーを食べ歩き、自身でも本を出版してしまうほどカレー好きな小宮山雄飛さん。そんな小宮山さんの審美眼に叶った、変わり種のカレー丼をご紹介しよう。

【この記事の全ての写真】

『天重 本店』の「カレーかき揚げ丼」(平日ランチ限定)

たぶんみなさん食べたことがないだろう珍しいカレー丼がある! との雄飛さんの誘いで、オフィス街にある一軒の天ぷら店へ足を運んだ。

「かき揚げ丼にカレーがかかっている、おそらく日本でもここだけじゃないかなと思うほどユニークな組み合わせ。実はほかのお店でランチをする予定で向かっていた途中に、こちらの前を通りかかり、『かき揚げカレーって何!?』と衝撃を受けたのが出会いでした。その日の予定は即キャンセルして、すぐにトライしてみました」

「お蕎麦屋さんのカレーともまた違う、サラサラタイプのアジアンテイストなカレーというのも面白くて、想像をいい意味で裏切られました。サクサクに揚がったかき揚げと見事にマッチしていて最高なんです」

創業1965年のこちらは、かの大物政治家にも贔屓にされ愛されたお店。現在は2代目店主が味を守り継いでいる。姉妹店で30年前にマネできないカレーを! ということで生まれた「カレーかき揚げ丼」は、今では本店のみの人気メニューだとか。

「見た目には想像つかないですけど、カレーはけっこうしっかり辛いんです。シャバシャバしたカレーに、一味唐辛子が効いていてやみつきです」

天ぷらの老舗にカレー目当てで通う…。この行動力こそが、食通たる所以なのかもしれない。

『神田まつや 本店』の「カレー丼」

開店を待つ行列が名物でもある、神田須田町にある老舗蕎麦屋は、今回蕎麦目的ではなくカレーを求め訪問。

「蕎麦好きの父に幼少の頃からよく連れていかれ通っていた、これぞ東京の古き良き味というなじみのお店です。外観も内観も昔ながらの趣や風情が残っていて、素敵なんです。普通老舗の蕎麦屋へ行ったら、まず絶対にせいろを頼むと決めていますが、こちらでは、ついごはんモノのカレー丼を頼まずにはいられません」

聞けば昭和初期に横浜でライスカレーが流行った時代に、このメニューが生まれたとか。

「さすが蕎麦屋だけあって、カレーの風味と蕎麦つゆの出汁の味と甘さが絶妙に調和していて、これぞ蕎麦屋のカレーの超見本的存在!単品で好きな焼き鳥と同じ柔らかい鶏肉がゴロゴロと入ってるのが、また旨い!カレー1本勝負もいいのですが、時間があるときは板わさで日本酒を1本、せいろを1枚平らげて、ビールでリフレッシュしてから〆にカレー丼っていうのが僕のスタンダード。昼間からの贅沢ってこういうことですね」

東京カレンダー株式会社

最終更新:8/27(土) 12:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革