ここから本文です

晴天に恵まれたカウアイ島の渚では 絶滅危惧種のアザラシがのんびり昼寝

CREA WEB 8/27(土) 12:01配信

Magnificent View #1061ポイプビーチ(アメリカ)

 ハワイの中でも晴天率が高いといわれているカウアイ島南岸。ここにあるポイプビーチは、島きっての人気リゾートだ。

 抜けるような青空の下に広がる弓形のビーチは波が穏やかで、海水の透明度も抜群。その美しい光景から、全米ナンバー1ビーチに選ばれたこともある。

 美しいというだけでなく、ここは絶滅危惧種でもあるアザラシの一種、ハワイアン・モンクシールが生息していることでも有名。人間の心配をよそに、のんびりとビーチに寝そべったり、悠々と泳ぐ彼らの姿を見つけることも。

 一帯はもともと、19世紀にサトウキビのプランテーションとして開発されたエリア。かつて地主の豪邸があった場所が後に、リゾート地として発展した。現在は、高級ホテルや洒落た豪華なコンドミニアムが点在している。

芹澤和美

最終更新:8/27(土) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。