ここから本文です

飛行機での迷惑行為ランキングTOP10

R25 8/28(日) 7:00配信

出張や旅行などで利用する、飛行機。陸路と違い途中下車ができない空の旅では、できるだけ快適に過ごしたいもの。しかし、あまりに自分の快適さを優先していると、周囲への迷惑をかけてしまうことも…。では、フライト中のどんな行為が周りへの迷惑になってしまうのか? 飛行機内で迷惑に感じる行為について、20~30代の男性200人にアンケート調査を行った(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

〈飛行機での迷惑行為TOP10〉
(12項目から1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位 大声でおしゃべりをする 304pt
2位 お酒を飲んで酔っぱらう 167pt
3位 電子機器使用禁止の時間にスマホなどを使用する 108pt
4位 座席のシートを深く倒す 106pt
5位 ニオイのする食べ物を食べる 88pt
6位 機内食の時間に席を立つ(テーブルを畳むよう要求される) 73pt
7位 いびきをかく 61pt
8位 暗い中、読書灯を長時間付ける 39pt
9位 肘かけを占領する 37pt
10位 トイレの使用が長い 31pt

2位以下に大きな差をつけ【大声でのおしゃべり】がトップに。話している当人にとっては楽しいおしゃべりでも、周囲の人からしてみれば騒音にほかならない。次いで多かったのは【酔っぱらいは迷惑】という声。機内ではお酒がサーブされることもあるため、つい飲み過ぎる人もいるだろうが、酔っ払うのは禁物だ。では、各行為へ寄せられたコメントも見ていこう。

【1位 大声でおしゃべりをする】
「貸し切りでない限り、乗り物の中で騒がれるとイライラするため」(38歳)
「気になって寝られない、本や音楽を楽しめない」(34歳)
「移動中は静かにしたいから」(30歳)
「うるさくてリラックスできない」(27歳)
「ゆったり眠りたいので困る」(25歳)

【2位 お酒を飲んで酔っぱらう】
「酒飲んでもいいけど酔っぱらうのはだめでしょ、臭いし」(30歳)
「飛行機の狭い空間で酔っぱらいがいると不安になる」(30歳)
「陽気になり必要以上に話しかけてきそうで嫌」(35歳)
「酒癖の悪い人は何をするかわからないので」(39歳)
「においがきついから」(28歳)

【3位 電子機器使用禁止の時間にスマホなどを使用する】
「飛行できない場合があるから」(36歳)
「飛行機の計器に影響が出るかもしれないので」(37歳)
「他の乗客の安全を考えていない」(30歳)
「飛行機落ちたら恐い」(38歳)

【4位 座席のシートを深く倒す】
「足回りが狭い中、シートを深く倒すとかなり圧迫感があり長時間座っていると窮屈に感じてくるので」(35歳)
「ただでさえ狭いのに倒されたら、迷惑だから」(26歳)
「身長が私は高いので、非常に迷惑。事前に一言いってほしい」(24歳)

【5位 ニオイのする食べ物を食べる】
「密閉空間できつい匂いがすると気分が悪くなるから」(30歳)
「空気の入れ替えができなくて、匂いがこもる」(31歳)
「臭いと気持ち悪くなる」(37歳)

【6位 機内食の時間に席を立つ(テーブルを畳むよう要求される)】
「面倒なことをやらせるから」(29歳)
「自分も動かなくてはならないから」(31歳)
「落ち着いて食事できない」(34歳)

【7位 いびきをかく】
「こちらがイヤホンをするなど気を遣わなければならない」(37歳)
「うるさいから」(39歳)

【8位 暗い中、読書灯を長時間付ける】
「気にさわる」(33歳)
「寝られない」(33歳)

【10位 トイレの使用が長い】
「混むと大変」(37歳)

離着陸の前後や悪天候時などは着席が求められる飛行機。近くの人の迷惑行為から逃れにくいこともあり、普段の生活以上に細やかな周囲への気遣いが必要になりそう。多くの乗客が快適に過ごすためにも、機内ではルールとマナーを忘れずに!

(有栖川匠)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/28(日) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。