ここから本文です

キャビアにトリュフ… “三大食材パフェ”が豪華すぎる

東京ウォーカー 8/28(日) 10:00配信

東京・西麻布のフレンチ和食レストラン「Salle de Makino(サル ドゥ マキノ)」が提供するコース料理(税抜7800円~)に、8月30日(火)から10月1日(土)までの期間、世界三大食材のキャビア、フォアグラ、トリュフをすべて盛り合わせた「三大食材全部のせパフェ」が登場する。

【写真を見る】フルオープンキッチンのおしゃれな店内。2016年4月には全国放送のドラマの舞台にもなった

同店では毎月内容の変わるコース料理を提供しており、その中の名物として親しまれているのが「冷菜パフェ」だ。毎回、驚きと感動のあるおいしさで好評を博している同メニューだが、今回は高級食材を惜しみなく使用した、とりわけ贅沢な一品が完成した。

それでは、パフェの気になる中身を見ていこう。フィンランド産のキャビアは、焼きとうもろこしのアイスクリームと組み合わせることで、甘味と塩気が調和する味わいに。さらに、繊細な風味を持つガチョウのフォアグラや、「キタアカリ」の新ジャガイモで作る、甘くホクホクのマッシュポテトもグラスにイン!仕上げには「食卓のダイヤモンド」と呼ばれるほど貴重な、フランス産のサマートリュフをあしらっている。

また、三大食材以外にも、自家製の燻製カマンベールチーズや、アボカドのタルタルソースを使用。さまざまな食材が織り成すミルフィーユ状の層は、思わず写真に撮りたくなる美しさだ。

斬新な食材の組み合わせに注目が集まり、早くも予約が殺到しているという「三大食材全部のせパフェ」。誕生日や記念日など特別な日のディナーに、同店を利用してみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

最終更新:8/28(日) 10:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。