ここから本文です

「真田十勇士」のクールなキャラポスターが一挙解禁!

Smartザテレビジョン 8/28(日) 18:01配信

'14年に大ヒットを記録した舞台「真田十勇士」が、同作品の演出を手掛けた奇才・堤幸彦監督により映画化され、9月22日(木・祝)に全国公開。本作の全国公開と同時期に、堤監督演出で舞台上演も決定しており、映画界・演劇界にとって史上初の画期的な試み、“世紀のダブルプロジェクト”が始動する。

【写真を見る】大島優子の華麗なるくノ一姿ポスタービジュアルが到着!

さらに、出版化も同時期に予定されており、「映画」×「舞台」×「小説」というメディアミックスの最終形として、日本映画“最後の”超大作が出陣。このたび、映画公開まであと1カ月ほどに迫った本作から、キャラポスター12種類が解禁された。

本作の見どころの一つが、実力派俳優陣によって描き出される個性豊かなキャラクターたちの物語。主演の中村勘九郎をはじめ、半数以上が'14年の舞台、またこの秋から再公演となる舞台版にも出演しており、身に染みつくほど長きにわたって役と向き合ってきた。

もちろん、個々の演技もさることながらチームワークも良く、戦乱の世を仲間とともに生き抜くキャラクターのリアルな部分を感情的に演じ、観客の心をつかんでいく。

そんな彼らが演じるキャラクターのポスター1つ1つには、象徴的な言葉が添えられている。猿飛佐助(中村勘九郎)は「時代を変え“奇跡”を起こす革命児」、霧隠才蔵(松坂桃李)は「孤高の“天才”忍者」、火垂(大島優子)は「才蔵と佐助の命を狙う“くノ一”」

根津甚八(永山絢斗)が「謎に包まれた“十番目の男”」、由利鎌之助(加藤和樹)は「負けを知らぬ戦国一の“槍の達人”」、筧十蔵(高橋光臣)が「華麗なる“武ゲイ者”」

三好清海(駿河太郎)は「すべてをなぎ倒す“怪力無双”」、海野六郎(村井良大)が「文武両道の“大番頭”」、三好伊三(荒井敦史)は「驚愕の“韋駄天”男」、真田大助(望月歩)は「父・幸村を心から愛する“青年剣士”」

望月六郎(青木健)が「心優しき“剣豪”」、そして真田幸村(加藤雅也)は「“天下一の名将”の伝説は、嘘か誠か…」というものだ。

これらの言葉を見る限りでもそれぞれの役でスピンオフドラマが描けてしまいそうな、バックグランドの深い個性豊かな面々。彼らがどのようにして“腰抜け”真田幸村と出会い、運命を共にしていくのかに注目が集まる。

そして、この超豪華メンバーが、体を張って魅せる息もつかせぬアクションシーンや緊張を解きほぐす笑い、そして切ないロマンスと、心揺さぶる感動…。さまざまな感情が入りまじる新感覚のエンターテインメント超大作がこの秋日本を盛り上げる。

最終更新:8/28(日) 18:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。