ここから本文です

内村航平、“東京タワーと並び立つ”美しい倒立を披露!

Smartザテレビジョン 8/28(日) 19:28配信

8月28日、東京・六本木のテレビ朝日7F屋上テラスで、「コナミスポーツクラブ presents テレ朝夏祭りスペシャルイベント 金メダリストに教えてもらおっ」と題したイベントが行われた。

【写真を見る】世界を制した内村選手の倒立が、六本木・テレビ朝日のテラスでビシッと決まる!

先日大盛り上がりの中で終幕を迎えた「リオデジャネイロオリンピック」で、アテネ五輪以来3大会ぶりに、悲願の団体金メダルを獲得した日本男子体操チーム。そのメンバー5人のうち、コナミスポーツクラブに所属する内村航平選手、山室光史選手、田中佑典選手、そして加藤凌平選手の4人が「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」最終日となるテレビ朝日に登場。

「夏祭り」会場となっていたテレビ朝日本社7階屋上にて、子供たちからの質問に答える“緊急記者会見”と、子供たちを対象にした体操教室が行われた。

リオ五輪で金メダルを獲得したコナミスポーツクラブに所属する内村選手、山室選手、田中選手、そして加藤選手の4人が登場すると、大歓声が沸き、金メダリストの4選手は、子供たちからの質問に応える「緊急記者会見」のコーナーに参加。

「日本に帰ってきて一番最初に食べたものは?」という質問に対しては、「コンビニのデザート。日本のちょうどいい甘さのスイーツが食べたかったんです。食べたときは金メダルを取ったときと同じぐらい幸せでした」(田中選手)。「地元のお祭りに行ったので屋台を食べ歩いて日本を感じました」(加藤選手)、「日本のおいしい果物です」(山室選手)といった答えを。

そして、内村選手は「おすしです。金メダルを取ったらおなかいっぱい食べようと思っていたので。大好きなアジをたくさん食べました」と明かした。

また「選手村で面白かったことはありましたか?」という質問には、加藤選手が「選手村で卓球をやったんですが、スマッシュしたボールが田中選手の顔面に当たったのは面白かったですね」と意外なエピソードを披露。ぶつけられた田中選手は「道具を使うスポーツは全然駄目なんです。顔に当たって痛かったですが、みんなが笑ってくれて良かったです」と振り返る。

すると、内村選手は「(田中選手の)当たった時のリアクションがすごくおかしくて。涙が出るほど笑いました」と、金メダル獲得後のリオでのリラックスした日々の様子を語り、観客を喜ばせた。

続いてリオ五輪で世界一となった金メダリストに体操を教えてもらうコーナーが行われることに。山室選手が実演、内村選手が解説する逆上がりのレッスンと、倒立のレッスンは田中選手が実演、加藤選手が解説を担当。コナミスポーツクラブのHP内「コナミメソッド」でも優しくレクチャーしている内村選手は、ポイントを子供たちに伝授。

子供たちも金メダリストからの直接指導で見事な“演技”を披露していた。そして、内村選手は真っすぐキレイに伸び上がる世界一の倒立を東京タワーをバックに披露。東京タワーと並び立つようにピンと真っすぐ伸びた倒立に、会場からは大歓声が。あらためてその美しさを日本のファンにアピールした。

感想を求められ、内村選手は「僕は(倒立を)やっていた方なので、東京タワーとキレイに並んでいたか分からないんです。誰か僕にSNSで写真を送ってください」と言って会場の笑いを誘った。

最後は会場に集まった子供たち全員と選手4人が記念撮影。短い時間ながら、憧れの金メダリストとの“共演”に子供たちはもちろん、大人たちも大満足のイベントとなった。

あらためて、内村選手は「子供たちと触れ合って、オリンピックで夢や勇気などを伝えられたと実感できたので、それは良かったなと思いました。子供たちには僕たちも頑張ろうという気持ちにさせてもらっていますし、これからも勇気や感動を与え続けていかなければ、と思います」と満足そうに語る。

リオ五輪を振り返っての感想は「『良かった』としか言いようがないです。あんなに濃い1カ月を過ごしたのは初めてでした。応援してくれた人たちに『おめでとう』と言われて、自分たちが金メダルを取ったんだな、と実感しています」と、安心感も漂わせた。

最後に「4年後は自分の生まれた国で(五輪が)開催されるので今回のリオ以上にもっともっと見ている人たちに感動を届けられるような大会になればいいと思います。自分が出られるか、まだ分からないですけど(笑)。体操を生で見たときの衝撃はかなりだと思うので、東京五輪では会場でぜひ見てもらいたいと思います。2020年には完全に体操の人気が盛り上がっていないといけないと思うので、この4年間が大事かなと思います」と、既に4年後を見据えて内村選手はコメントした。

最終更新:8/28(日) 19:28

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。