ここから本文です

都心の癒されスポット「東京ガーデンテラス紀尾井町」

東京ウォーカー 8/28(日) 22:00配信

都会のビル群の間に、緑と空を眺め、心地よく吹き抜ける風を感じられるオアシスが続々出現している。

【写真を見る】水音も心地よい小川も!

東京・千代田区にある「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、新しい都会のライフスタイルを提供するうえで、施設のオアシス化は欠かせないと設けられた緑地。グランドプリンスホテル赤坂の跡地にオープンし、都心の貴重な緑地と連携したエコロジカル・ネットワークを目指している。9カ所のパブリックアートも楽しむことができ、高低差のある地形を生かした構造なので、さまざまな眺望スポットも見どころ。春には桜やバラ、秋には紅葉など四季の彩りも楽しめる。

DATA●東京都千代田区紀尾井町 1-2他 03(3288)5500 営業時間:5時~ 25時 無休

緑、水、アート、クラシカルな建造物……時間をかけてゆっくり楽しみたい癒されスポットだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/28(日) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。