ここから本文です

曇天を吹き飛ばす!さくら学院が野音で「夏色」披露

Smartザテレビジョン 8/28(日) 22:55配信

アイドルグループが出演するイベント「夏のひな涼み☆2016」が8月28日(日)、東京・日比谷野外大音楽堂にて開催され、あゆみくりかまき、こぶしファクトリー、さくら学院、Negicco、palet (※以上五十音順)、WHY@DOLL、まなみのりさ(※以上2組はオープニング・アクト)が出演した。

【写真を見る】MC委員長の黒澤美澪奈(右)が会場を盛り上げる。中央は倉島颯良、左は吉田爽葉香

さくら学院は初の単独舞台公演「秋桜学園合唱部」の間をぬっての出演。「ベリシュビッッ」「Hana*Hana」 「FRIENDS」「夢に向かって」という“定番曲”に加えて、ブログで告知していた“サプライズ曲”としてゆずの「夏色」を披露した。

最終更新:8/28(日) 23:10

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。