ここから本文です

“なんでだろう~”から13年「紅白を狙う!!」テツandトモの知られざる歌唱力

週刊女性PRIME 8/28(日) 12:00配信

 青いジャージのトモのギターに合わせ、赤いジャージのテツが両手を交差させながら歌う「なんでだろう~」が大ブレイクしたのは'03年。その年の新語流行語大賞、年間大賞を受賞し、年末の『紅白歌合戦』への出演も果たした。当時は、見ない日がないほどテレビ出演していたふたりだが、最近は……。

トモ「月によっても違いますが、1か月のうち20日間くらいは東京以外での仕事が入っていますね。土日はショッピングセンターのイベントや、いまの時期だと夏祭りへの出演で埋まっていく。平日は、企業さんの何周年パーティーとか、懇親会へゲストで呼んでいただくことが多いです」

テツ「僕たちも呼んでいただけるようになって驚いたんです。企業さんのイベントってこんなにたくさんあるんだって」

 いまや地方イベントの出演などで大忙し。芸人仲間のダンディ坂野が「トモさんは(貯金額が)億超え」と冗談で語ったことが話題となり、報道陣からの質問にトモ本人がまっこうから否定したことがニュースとして取り上げられたことが記憶に新しい。今回もその噂を笑顔で否定しながら“健康で仕事をさせていただけるだけで、ありがたいです”と語る。

テツ「コンビを組んだころからイベントでは、お笑いライブのあとに、まじめな曲(歌謡曲など)を歌うっていうスタンスは変わっていないんですよ」

トモ「先日呼ばれた、ある企業さんの懇親会では、“(お笑いネタより)歌がよかった!”って言っていただけて。よく言われるんです、“CD出せばいいのに”って」

テツ「結構、出させていただいてるんですけどね(笑)」

ヘンなおばさんと思ったら、すごい先生だった

 今年4月には、両A面となるシングルでロック演歌の『泥の中の蛍』と、親子三世代で歌える応援歌『おんなじ空の下』をリリース。6月には、NHKみんなの歌『とろろおくらめかぶなっとう』を発売している。

トモ「『泥の中の蛍』『おんなじ空の下』の詞を書いてくださっている渡辺なつみ先生とは、以前、先生が僕らの営業先だったショッピングセンターに突然いらしてからのご縁なんです。これまで、何度か出演した『THE カラオケ バトル』(テレビ東京系)で、ひとりひとり別々に歌ったことがあるんですが、その中の1回を見てくださって“一緒にやりませんか”って。わざわざ来て、声をかけてくださったんです。でも、最初はヘンなおばさんが来たと思いました(笑)」

テツ「怪しいと思いますよね(笑)。たまに“私、詞を書いたんで”って、直接渡されたり、事務所に作品が送られてくることがあるんですよ」

トモ「だから、すぐに調べたところ、作詞で参加されたBoAさんの曲が日本レコード大賞の金賞を何度も受賞されている、すごい先生だったんです(笑)」

 ほかにも安室奈美恵やKARA、2PMなどの作詞を手がける渡辺なつみと、八代亜紀の『舟唄』『雨の慕情』や奥村チヨの『終着駅』などを作曲した浜圭介のゴールデンコンビによるCDは、今作で3枚目。ふたりの歌の実力を評価する浜先生からは、「歌1本でやったらどうか」と言われるのだそう。

トモ「お笑いだけでも、歌だけにしても、成功するのは難しいじゃないですか。面白かったり、歌が上手な人はたくさんいますが、なかなかチャンスがつかめない方が多い。だから、先生は、歌1本に絞れとおっしゃるんだと思います。でも、やめられないですね」

テツ「僕らは“なんでだろう~”があったから、こうやって歌わせていただけている。体力の限界がきて、自然とやめなくちゃいけなくなるかもしれませんが、それまではやりますよ。70代になっても続けている先輩方もいらっしゃるので」

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 12:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)