ここから本文です

楳図かずお原作舞台 高畑充希と門脇麦は「小学生同士の激しい恋をどう演じる?」

週刊女性PRIME 8/28(日) 13:00配信

 国民的人気を博す朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインを演じている高畑充希と、作品ごとにエッジの効いた存在感を発揮し“若き実力派”として一目置かれる門脇麦が、小学生の女の子と男の子になって恋をする! ミュージカル『わたしは真悟』は、楳図かずおの長編SFコミックが原作。ノリにノッてるふたりに意気込みを聞きました。

高畑「朝ドラが終わって最初にチャレンジする仕事なので、なにか変わったことをやりたいと思っていました。私の役は小学生の女の子ですけど、麦ちゃんが男の子を演じることも含めて、なんて完成が想像できないお話なんだろうと。“一か八か”な感じがとっても素敵だな、って(笑)。この作品への好奇心がとまりません」

門脇「私は初めてのミュージカルですが、失うものは何もないというか、すべてがチャレンジで、不安にすらならない(笑)。男の子を演じるのもそう。小学生の男の子って、大人の男の人とはまた違う、未完成の生物だと思うので」

──役柄は最初、充希ちゃんのほうが男の子かと思いました。

高畑「あ、ずっと(舞台で)『ピーターパン』をやっていたからかもしれません。ピーターパンは、クラスで一番モテる男の子みたいなイメージで。女の子の目を当時はいつも意識していました。だから、やってるときは女の子にだけですけど、かなりモテましたよ。(共演の)ウェンディをどうやってオトそうか、って(笑)」

門脇「アハハハ(笑)」

高畑「それは気にしてやっていました」

──麦ちゃんはどう男の子を演じますか? 

門脇「自分にも男っぽい要素はありますし、ふだんから色気がない色気がないと言われ続けているので、色気を排除して頑張りたいと思います(笑)。それとフィジカル。身体でうまく表現できたら面白いなぁと。私、カラダ主義なので。まず身体がフィットすると、いろいろ定まってくる感じです」

──劇中では小学生同士の激しい恋が描かれますが。

高畑「小学生のころの恋愛ってすごく幼くて“カッコいい!”とか“両思い!”とか。それで完結していた気がします。愛し合うとか、相手からのレスポンスに返していくとか、そういう発想までたどりつかなくて。愛し合うことと小学生であることが、相いれない。だから“どうしたらいいんだろう。難しいね”って(麦ちゃんと)話しています」

門脇「私も今、この年齢になっても“人を真剣に愛したことありますか?”って聞かれたらわからない。“ハイ!”って言う自信がない。それくらい、何をもって“愛し合う”っていうのか難しいから。しかも小学生で……って。もしかしたら今自分が思っているのとは違う意味の“愛し合う”が存在するのかなって思ったりしています」

1/3ページ

最終更新:8/28(日) 13:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。