ここから本文です

早生まれって不利なの? 最終学歴に明らかな差!? 早生まれが多いプロスポーツは?

週刊女性PRIME 8/28(日) 18:00配信

4月1日生まれが早生まれになる理由

 日本では1月1日から4月1日までに生まれた人を“早生まれ”と呼んでいる。この早生まれ、人生のさまざまな場面に影響を及ぼすと言われている。 

 和文化研究家&ライフコーディネーターで、情報サイト『All About』の暮らしの歳時記ガイドも務める三浦康子さんによると、

「民法では、“満年齢は、起算日に応当する前日をもって満了する”とあります。平たく言えば “自分の誕生日の前日に満〇歳になる”という考え方です。だから、4月1日生まれの方は、民法上、その前日の3月31日で満6歳を迎えるわけです」

 とはいえ、年度末は3月31日だし、新年度は4月1日からスタートする。どうして、4月1日生まれも早生まれになるの? 3月31日で締めたほうが区切りがいいのでは? 

「学校教育基本法では“満6歳になった翌日以降で最初に迎える4月1日に、小学校に入学する”とされています。ゆえに、4月1日生まれまでは前学年、4月2日生まれからが新学年となり、学年に差が生まれるわけです」

 年齢のカウントの仕方は、一般感覚と法律上では異なるようだ。

最終学歴にまで差が!?  キーワードは成功体験

 同学年でも4月2日生まれと、4月1日生まれではほぼ丸1年違うが、学校教育では同じことをしなくてはならない。

「早生まれの子は、生まれてからの時間が物理的に短いので、体格や体力、学力面などでどうしても劣ります。幼少期はほんの数か月でも、かなり発達しますから」(前出の三浦さん)

 学年でくくられ、その中で順位づけをされたり、相対評価をされることで、早生まれの子は劣等感を抱きやすいという専門家もいる。とはいえ、幼少時の差は成長とともに解消されそうだが……。

 これについて、一橋大学の川口大司准教授(現・東京大学教授)が衝撃的な論文を'07年に発表している。国際学力テスト『国際数学・理科教育動向調査』『OECD 生徒の学習到達度調査』を受けた小学生から高校生の成績と誕生日を分析したところ、同一学年の最年長者と最年少者では偏差値に2~3の差が見られた。学年が進んでもその差は埋まらず、最終学歴にも差が見られたという。

 この分野をさらに研究したのが、岩手大学の内山三郎名誉教授。

「僕が調査した公立小学校では、通う児童の割合に大きな特徴は見られませんでしたが、入学時に選抜試験のある小学校では、早生まれが標準より2割強少なく、4~6月生まれが2割弱多かった。高等学校においては、進学校では早生まれの割合が2割強少なく、4~6月と7~9月生まれの割合が多かった。非進学校の場合は、逆に早生まれがほぼ3割増でした」

 4~6月生まれは、学年の中では年長者。当然、できることも多く、ほめられる経験も多い。

「その成功体験が、後々まで影響していることが統計に表れたのではないかと思います。ただ、医学部入学者は、生まれ月に大きな特徴は見られませんでした」(内山名誉教授、以下同)

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 18:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。