ここから本文です

【自転車レース】ランプレ・メリダが中国初のUCIワールドチームに生まれ変わる?

CYCLE SPORTS.jp 8/28(日) 8:19配信

来季、UCIワールドチームになるのはどのチーム?

イタリア登録のUCIワールドチームであるランプレ・メリダは、8月26日に中国の北京で行われた会議で、中国のTJスポーツ・コンサルテーションの協力により、中国のメインスポンサーによって支援される初のワールドツアーのチーム発展のための基盤として、同チームが正式に選ばれたと発表した。4年計画のプロジェクトのコーディネーターは元選手のマウロ・ジャネッティ(スイス)が務める。

新チームの目標は、ツール・ド・フランスで競争できるようなハイレベルの成績と、次のオリンピックを視野に置いた中国自転車競技の発展だ。所属選手とスポンサーは追って発表される。

イタリアのラ・ガゼッタ・デッロ・スポルト紙は、中東のバーレーン王国がスポンサーになる新チーム「バーレーン・メリダプロサイクリングチーム」のゼネラル・マネージャーに、現在ランプレ・メリダのチームマネージャーとして働いている南アフリカのブレント・コープランドが就任すると今月初めに報じたが、その時、同チームは現在ランプレ・メリダが保有しているUCIワールドツアー・ライセンスを引き継ぐとも報じていた。

しかし、今回の発表により、ランプレ・メリダの運営母体であるCGSサイクリングチームAGが保有しているUCIワールドツアー・ライセンスは、同チームを基盤として誕生する新しい中国のチームに引き継がれることがわかった。いずれにしても、UCIライセンス委員会の審査を通過する必要はある。

バーレーン・メリダプロサイクリングチームは、まだイタリアのビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)、ジョバンニ・ビスコンティ(モビスター)、マヌエーレ・ボアロ(ティンコフ)、ベラルーシのカンスタンティン・シウツォウ(ディメンションデータ)、スロベニアのボルット・ボズィッチ(コフィディス)の5選手との契約しか発表していない。UCIワールドチームとして登録するには、最低でも23選手と契約していなければならない。

UCIワールドチームは、ロシアのティンコフとスイスのIAMサイクリングが今季いっぱい活動を終了するため、来季は2つ枠が開くはずだ。しかし、国際自転車競技連合(UCI)が、来季のUCIワールドチームを17チームに減らすかもしれないという噂がある。

現在登録されているUCIプロコンチネンタルチームでは、スロバキアのペーテル・サガン(ティンコフ)が移籍するドイツのボーラ・アルゴン18(来季はボーラ・ハンスグローエになる)が、UCIワールドチーム昇格を目指しているため、もしも来季のUCIワールドチームが17チームになれば、現状ではUCIワールドチームになれないチームが1チーム出ることになるだろう。

いずれにしても、来季はイタリア登録のUCIワールドチームがなくなってしまうことだけははっきりしている。

最終更新:8/28(日) 8:19

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。