ここから本文です

広島を二分する“仁義なき争い”「球場跡地」案は被爆者への冒涜? 広島スタジアム建設、黒幕の正体

サイゾー 8/28(日) 15:00配信 (有料記事)

――広島カープの人気や『広島はすごい』(新潮新書)が話題になるなど、何かと注目が集まる広島県。市民の多くが「旧市民球場跡地」へのサッカー専用スタジアム建設を望む一方で、徹底的にその要望をはねのける行政。原爆ドームを間近に望むかの地を開発できない理由とは? 広島最大のタブーに切り込んだ。

 昨年、森保一監督の就任4年間で3度目となるJ1優勝を飾ったサンフレッチェ広島。日本最強チームの地位を確固たるものにし、地元・広島もさぞ祝賀ムードに沸き返っているかと思いきや、住民たちの顔は予想外に険しい。その原因は、サンフレッチェの新たなホームスタジアム建設予定地をめぐる終わりの見えない論戦だ。現在候補地に挙げられているのは、同市宇品海岸の「広島みなと公園」と、市の中心地に位置し、原爆ドームを間近に望む「旧広島市民球場跡地(以下、球場跡地)」。県や市、商工会議所が前者を、サンフレッチェや多くの市民は後者を推しているが、議論は平行線の一途をたどっている。

 一見、さして珍しくもない行政と民間企業・住民のすれ違いにも思えるが、事態がただごとでないとを示唆するのが、16年4月にサンフレッチェの久保允誉会長による「みなと公園に決まった場合、サンフレッチェは使わない」という発言だ。行政と使用者の協調が不可欠なスタジアム建設にあって、ここまでかたくなな姿勢を示すこと自体が異様な自体。50代のサポーターが話す。

「交通アクセスや建設費用、収益性などを比べた際、みなと公園案は明らかに劣る。にもかかわらず、市は明確な根拠を示さず、球場跡地案を排除しようとする。問題は『どうにかみなと公園に誘導し、球場跡地は手付かずにしておきたい』という『不自然な作為』が感じられることです。サンフレッチェは球場跡地案の優位性を裏付ける詳細な見積もりを含む建設案を市に提出していますし、球場跡地支持の署名も40万以上も集まっているにもかかわらずです」本文:9,879文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/28(日) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。