ここから本文です

侍ジャパン高校代表、大学代表に完敗も横浜・藤平「自分の中では自信になった試合」

ベースボールチャンネル 8/28(日) 8:00配信

2回以降は無失点だったU18投手陣

「第11回 BFA U-18 アジア選手権」(30日 台湾)に出場する侍ジャパン高校日本代表が27日QVCマリンフィールドにて大学日本代表と壮行試合を行った。試合は、大学日本代表が5-0で勝利をおさめた。

 この対戦は昨年に続く画期的な取り組みで、この夏の甲子園を戦ったメンバーを中心に結成されたU18代表と「第40回日米大学野球選手権」に出場したチームで構成した大学日本代表が真剣勝負を行うものだ。

 高校日本代表は早川隆久(木更津総合)が先発。地元の大声援に送られながらの先発だったが、初回に5安打5失点と大学生の洗礼を浴びた。打線も9イニングでわずか3安打無得点、毎回の18三振を喫するなど力の差を見せつけられた。

 それでも、投手陣は2回以降の8イニングを無失点。早川の後を、藤平尚真(横浜)、寺島成輝(履正社)、島孝明(東海大望洋市原)、高橋昂也(花咲徳栄)、堀瑞樹(広島新庄)とつなぎ、8、9回は優勝投手の今井達也(作新学院)が2回5三振を奪うピッチングでぴしゃりと抑えた。0-5で大学生の力に屈したとはいえ、収穫もみえた。

高校日本代表 小枝守監督のコメント

――今日の試合を振り返って。

 大学生のスピードというのを高校生が目の当たりにして、ワンハンドでセーフ、間一髪でセーフというスピード感はとても勉強になったんじゃないでしょうか。(ファールグラウンドが広い)こういうグラウンドでのカバーリングも非常に勉強になりました。
 ピッチャーはとても疲れていると思うんですけど、非常にいい感じで投げてました。打線に関しては大学生の力強いボールに対して、高校生のスイングはまだまだ甘いなという戒めになりましたね。結成して間もないチームですけど、日々、チームの輪ができてきて、野球らしくなってきたので、きょうの試合を良いキッカケにして敵地に乗り込みます。

――アジア選手権への課題は。

 ある程度、中軸は決まってきました。ただ(チャンス)メイカーになる選手が消極的なので、そこを課題にして立て直しを図りたいです。

――どのような気持ちで臨むのか。

 相手があることだけど、取りこぼしのないように、一戦必勝で勝ちたいという気持ちを前に出していくピッチャーから使っていくしかないのかなと思っています。

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 10:04

ベースボールチャンネル