ここから本文です

新カメラ「X-A3」はレトロなデザインで「スマートなセルフィー」を楽しめる:富士フイルム

WIRED.jp 8/28(日) 10:01配信

いまどき「先祖返り」なデザインは、珍しくもない。が、人工皮革で包まれたアルミニウムボディの富士フイルムの最新ミラーレスカメラが、書斎内の本革製の書籍の隣にあるのを想像すると、何とも素敵に思えてくる。

【写真をもっと見る】色違いなど、全方位からの製品写真をチェックする

▼ハイエンドモデルいらずの撮影画質

富士フイルム「X-A3」に内蔵されている約2,420万画素のAPS-Cセンサーは、市販されているほとんどのデジタル一眼レフカメラに採用されているものと同等だ。Bayerパターン・カラーフィルターも用意されている。これで、フィルムカメラの画質が出るよう設計されたハイエンドモデル(「X-T2」「X100T」)のX-Transセンサーに頼る必要もない。

ハイエンドモデルに比べれば、もちろん機能は劣る。しかし、このセンサーのサイズとスペックが、600ドルの値段で手に入るのは嬉しい限りだ。最高連写速度は6fpsで、1,080pの動画も撮影できる。その他、マニュアル露出コントロール、インカメラRAW画像処理、Wi-Fi経由の遠隔操作といった機能も備わっている。

▼カジュアルに楽しめばいい

もっとも、これはカジュアルに撮影を楽しみたいという人のためにつくられている。「自動セルフィー」も備わっているのだ。

3インチの180度回転式チルト式タッチスクリーンを採用しているが、よりスマートに自撮りできるように、いくつかの仕掛けが採用されている。スクリーンをフリップアップすれば、自動的に被写体の瞳にフォーカスする。笑ったとき、あるいは被写体がレンズの前に身を寄せたときに、自動的にシャッターを切る機能もある。そして自分のセルフィーを互換性のあるポータブルプリンター「Instax Share SP-2」(関連記事)でプリントアウトすれば、そこにはさらなる相乗効果が生まれるはずだ。

TIM MOYNIHAN

最終更新:8/28(日) 10:01

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ