ここから本文です

ロッテお家騒動、ついに自殺者。捜査の進展は? --- 新田 哲史

アゴラ 8/28(日) 16:30配信

どうも新田です。来月発売のビジネス誌「リベラルタイム」が創業家問題を特集するということで、ロッテのお家騒動をヲチしていた私も寄稿させてもらったのですが、校了した直後に痛ましいニュースが飛び込んで参りました。。。

“巨額の裏金や脱税疑惑で捜査を受けている韓国ロッテグループの李仁源(イ・インウォン)副会長(69)が26日、ソウル郊外で遺体で見つかった。近くの乗用車から遺書が見つかっており、街路樹で首をつって自殺したとみられる。李副会長は同日、ソウル中央地検に出頭し、横領・背任などの疑いで取り調べを受ける予定だった。(産経デジタル 8月26日(http://www.sankei.com/world/news/160826/wor1608260033-n1.html))”

ここまで報道されていますように、今年6月、ロッテの株主総会が行われる直前に韓国で検察当局が一斉にガサ入れをかけてから一気に疑惑が噴出。7月に入ると、免税店事業を巡り出入りの業者から不正な資金を受け取ったとして、事業を仕切っていた創業者長女がパクられ、一族で初の逮捕者が出ました。

ただ、これは日本の特捜部案件と同じで「搦め手」から突っ込んだもの。当局が目指す「本丸」は、ロッテグループの裏金疑惑でした。李明博・前政権との癒着が取りざたされており、昨今のお家騒動でロッテグループの総帥の座を奪い取った格好の創業者次男・重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長にまで強制捜査が及ぶのか、韓国国内では非常に注目されているところでした。

ロッテグループは日韓に分かれているんですが、この日、亡くなった李仁源さんは韓国ロッテの副会長であり、社内では政策本部長でした。政策本部というネーミングからなんだか政治と関わっている感じもしますが、日本の企業で言うところの経営戦略本部に当たります。どちらにせよ、韓国ロッテのド中枢にいたドの付くキーパーソンだったことに変わりありません。韓国の報道によれば、M&Aを積極展開した重光会長を長年補佐してきた経歴から、金の流れを一番よく知っていると目されておりました。

裏金疑惑に関する捜査の進展状況ですが、当局は重光会長の外堀を埋めにかかっており、亡くなった李氏のほか、政策本部運営室長のファン・ガクギュ氏、対外グループ協力団長のソ・ジンセ氏らを事情聴取に呼び出す方針でした。すでにソ・ジンセ氏は召喚されていて、まさに昨日(26日)、李さんは検察に呼ばれるところで自らの身を投げ打ってしまった、というわけです。

韓国国内では、7月時点ではガサ入れ直後にも「幹部の聴取・逮捕」→「重光会長への強制捜査Xデーがあるかどうか」みたいなシナリオを予想されていたようですが、どうやら、ここに来て、「捜査が難航して、思ったよりも時間がかかっているのでは?」という観測が出ていたようです。当局に事情聴取を受けたロッテの関係者が、なかなか核心部分を供述せず、まるで日本的な会社への忠誠心競争状態になって証拠や情報収集に手間取り、あるいは経営のグローバル化で全容解明が困難になっている等の話が原因として指摘されておるようです。

さてはて、今後の捜査はどうなるのか。

ただでさえ、捜査が苦戦気味のところで、いわば番頭格にあたる人物から話を聞けないとなると、痛手には間違いありません。ただ、日本の特捜部案件のイメージからすると、あの国の検察当局も状況証拠はそれなりに固めていて、聴取ポイントを決めた上で李さんを引っ張るつもりだったはず。

実際、朝日の記事(http://digital.asahi.com/articles/ASJ8V5DN1J8VUHBI021.html?rm=328)によると、李氏への捜査後、早ければ来週にも重光会長に対する捜査を行う段取りだったようなので、立件ストーリーは大筋で固まりつつあったのかもしれません。まあ、法廷で有罪を持ち込めるだけの証拠レベルまで、どこまで積み上げ、近づけていたかも今後の捜査の進展のポイントになりそうです。

それにしても、李さんもこのような決断しかできなかったのでしょうか。遺書には「秘密資金はない」旨が綴られていたそうですが、それならそれで自身や重光会長、ロッテグループの潔白を堂々と訴えればいいものを、むしろ却って「何かを守ろうとして三途の川の向こうに行った」ような疑惑を深め、企業イメージにさらなる打撃を与えることになるとは、冷静に考えられなかったのでしょうか。

韓流ドラマの異名を取ったロッテお家騒動。真のクライマックスは、まだ先のようですが、痛ましい犠牲者を出すシーンを見せつけられてしまって、後味は悪くなるばかりです。ではでは。

新田 哲史
アゴラ編集長/ソーシャルアナリスト

新田 哲史

最終更新:8/28(日) 16:30

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム