ここから本文です

W杯最終予選、日本の「切り札」は小林悠で決まり!

webスポルティーバ 8/28(日) 18:20配信

 いよいよ2018年ロシアW杯出場をかけたアジア最終予選が始まる。日本はまず、9月1日にUAE(埼玉・埼玉スタジアム)、9月6日にタイ(バンコク・ラジャマンガラスタジアム)と対戦する。そのメンバー発表会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、日本代表の戦力についてこう言及した。

【写真】小林悠へ独占インタビュー

「海外組が先発で出ていない、という事実がある。(その中には)ケガを抱えたままシーズンに入った選手もいる。移籍したばかりで先発を勝ち取らなければならない選手もいる。新しいトレーニングをこれから始める選手もいる」

 欧州各国リーグのシーズンは始まったばかり。それぞれ置かれている状況が異なる海外組は、まさしくコンディションにバラツキがある。加えて、長距離移動というハードルもある。ゆえに、ハリルホジッチ監督がそうした懸念を口にするのもうなずける。

 なかでも心配されるのは、選出された7名のうち、6名が海外組のFWである。どの程度やれるのか、実際に合流してみなければわからない、というのが現状だ。

 それだけに、国内組から唯一FWに選出された川崎フロンターレの小林悠にかかる期待は、いやがうえにも高まる。当の本人も「以前よりは自信がある」と、今回の最終予選にかける思いは強い。

 振り返れば、小林が代表初キャップを記録したのは今から2年前、2014年10月に行なわれたキリンチャレンジカップのジャマイカ戦だった。その後も招集される機会はあったものの、度重なるケガもあって、辞退せざるを得ない不運が続いた。その結果、これまでも実力は評価されながら、代表メンバーに定着するまでには至らなかった背景がある。

 そうした状況の中で、小林はケガをしない身体作りに力を注いだ。筋トレのメニューを増やし、ヨガにも通い始めた。水分補給や食事にも気を使い、身体にいいとされるものは何でも試してきた。

 努力は如実に成果として現れている。今年に入ってから、ケガで戦列を離れることがなくなり、日本代表にもコンスタントに招集されるようになった。出場機会を増やし、3月に行なわれたW杯アジア2次予選のアフガニスタン戦で途中出場、6月のキリンカップでは第1戦のブルガリア戦で先発出場を果たし、アシストも記録した。

 代表の舞台でもようやくめぐってきた好機だったが、当時の小林はまだ、満足感よりも、焦燥感のほうが強かったという。

「(自分は)パスの出し手との感覚や呼吸が合わなければ、自らの力を最大限に発揮することはできない、と改めて思いましたね。代表は練習時間が短い。その中で、自分の特徴を理解してもらわなければいけない難しさを感じました。代表に呼ばれて周りを見たとき、一番感じたのは“自信“。プレーを見ても明らかなように、(代表選手は)みんな自信に満ち溢れていますよね」

1/2ページ

最終更新:8/28(日) 18:20

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。